雑談力のきいろわトップ > 雑談力をつける会話術・話し方のコツ > コミュニケーション能力向上の会話術・話し方のコツ > 名前を呼ばれると親しみがわいて会話が弾む

名前を呼ばれると親しみがわいて会話が弾む

名前で好意を伝える会話術

人は名前を呼ばれると嬉しいものです。呼ばれた人は自分は大切にされている感じます。挨拶ひとつにしても、「おはよう」より、「○○さん、おはよう」と名前を呼んで挨拶する方が、親しい間柄なんだなと感じます。あまり親しくないけど、仲良くなって見たい人には積極的に名前を呼んでから挨拶するとより早く親しく慣れるでしょう。

挨拶以外でも、日常の会話に適度に名前を入れると、呼ばれた人は、呼んでくれた人に親近感を持ちます。親近感を持ってもらえばあなたと雑談したいと思うはずです。

多くの人に愛される話し上手になりたいのなら、

学校の先生を呼ぶなら・・・
「先生」

ではなく、相手の名前を入れてこう呼びます。

名前を入れると好意が伝わる
「○○先生」

これで相手に自分の好意を伝えることができました。

日常の何気ない雑談の中でも、積極的に名前を入れて会話してみましょう。


挨拶程度の何気ない雑談でも・・・
「お昼いつもどこでご飯食べてるんですか」

ではなく、名前を読んでから会話を始めます。

名前を呼んだ方が、会話が弾む
「○○さんは、お昼いつもどこでご飯食べてるんですか」

名前を呼んで会話をする癖をつけましょう。気をつけてもらいたいのは、会話の中でやたら多く名前を入れすぎると不自然になります。自然な感じで適度に名前を散りばめて雑談を楽しみましょう。

あなたも名前を呼ばれたら嬉しいはず。嬉しいから会話も弾む。