雑談力のきいろわトップ > 雑談力をつける会話術・話し方のコツ > もっとコミュニケーション能力が向上する会話術・話し方のコツ

もっとコミュニケーション能力が向上する会話術・話し方のコツ

  1. 誉めずに気付く。会話のきっかけにもなる好意を示す会話術
    相手を誉めるのが照れくさいなら、誉めるべき点をそのまま指摘してあげましょう。それだけで相手は嬉しく感じて、あなたに好意を持つでしょう。会話のきっかけにも使える、愛される話し上手になるための会話術です。
  2. 名前を呼ばれると親しみがわいて会話が弾む
    話し上手は会話の中に適度に相手の名前を散りばめます。この会話術を使えば、あなたは相手に好意を伝えることができます。好意を感じた相手は自然と心を開き、会話は弾み、雑談を盛り上げることにも繋がります。
  3. 会話の内容を覚えていれば、相手に好意を伝えられる
    雑談の中で相手が話した些細な会話のネタを覚えておきましょう。そして別の日の雑談で相手が話した会話のネタをそれとなく話題にします。こうすることで、「あなたに興味を持っています」と好意を伝えることができます。
  4. ネガティブをポジティブで返さない。聞き上手はただ理解して共感する
    雑談において、相手のネガティブは発言を正す必要はありません。相手は問題解決など求めていません。ただ話を聞いて欲しいだけなんです。話を聞いて、理解して、共感する。これだけで相手はあなたに信頼してくれるでしょう。
  5. 雑談を楽しみたいなら、間違いは否定せずに質問する
    雑談を盛り上げ、楽しい時間を過ごしたいのなら、例え自分の意見と違う考え方を相手が持ち出したとしてもそれを頭ごなしに否定してはいけません。互いの意見を尊重しあって会話をすることで、楽しい雑談にすることができます。
  6. コミュニケーション能力が高い人の友達、恋人の作り方・話し方のコツ
    友達や恋人を作るのはそんなに難しいことではありません。友達や恋人が多い人の特徴は、自分から積極的に雑談をする場面を作っていることです。何を話せばいいのか分からないなら、感謝といたわりの気持ちを会話のネタにしてみましょう。
  7. 会話を盛り上げる話し方のコツ。数字を取り入れて雑談する
    話をイメージしやすく具体的に伝える会話術です。会話の中に意識的に数字を取り入れると話が具体的に伝わり、聞き手の頭の中にイメージが浮かびやすくなります。イメージが具体的に伝わると話に引き込まれ、雑談は盛り上がります。
  8. 雑談上手な会話術。あてずっぽな質問で会話を盛り上げる話し方
    新鮮な会話ができる会話術です。雑談上手な人は、あえてあてずっぽな質問をすることがあります。雑談中、あえて根拠のないあてずっぽな質問をすると、これまでと違った会話の流れが期待でき、新鮮な雑談が期待できます。
  9. ギャップを見せて心の距離を一気に縮める話し方「こう見えても私○○何ですよ」
    意外な一面を見せると、相手はその人の隠れていた部分をわかった気になり、安心します。そして「もっと知りたい」とも感じるのです。ギャップを見せて相手の気を惹きつけるテクニックは、恋愛以外でも活用できます。雑談においてもです。

雑談力をつける その他のカテゴリ