雑談力のきいろわトップ > 雑談力をつける会話術・話し方のコツ > 聞き上手になる会話術・話し方のコツ > 雑談を盛り上げるオープンクエスチョンとクローズドクエスチョンの使い方

雑談を盛り上げるオープンクエスチョンと
クローズドクエスチョンの使い方

会話術で雑談を盛り上げよう

上手な質問をして、楽しい雑談ができる聞き上手なる秘訣です。雑談で相手に質問を投げかけるとき、気にしてほしいことがあります。それは相手にとって答えやすい質問かどうかです。相手にとって答えやすい質問をすれば会話は盛り上がります。答えにくい質問をすれば会話が途切れてしまう可能性もあります。

一般的に質問は大きく分けて2種類あるといわれています。それぞれオープンクエスチョンクローズドクエスチョンと呼ばれています。

オープンクエスチョンは、質問された人が思ったことを自由に答えられる質問です。


オープンクエスチョンの会話例1
「学生のころ部活は何をやっていたの?」
「テニス部だった」「バスケ部だった」「帰宅部だった」と回答は複数あり限定されていません

オープンクエスチョンの会話例2
「こないだの映画どうだった?」

「面白かった」「つまらなかった」「このシーンに感動した」と回答は自由にできます


クローズドクエスチョンは、イエス、ノーで回答できるような答えが限定されてしまう質問です。


クローズドクエスチョンの会話例1
「昨日は残業だったの?」
残業だったか?の質問の回答は「イエス」「ノー」の二つに一つです

クローズドクエスチョンの会話例2
「血液型はA型でしょ?」

A型だったか?の質問に回答は「イエス」「ノー」の二つに一つです

では、雑談を楽しむときは、オープンクエスチョンと、クローズドクエスチョンのどちらを使って質問すればいいのでしょうか?

答えは、会話する人たちのとの、親しさの度合いによって使い分ける。です。

オープンクエスチョンと、クローズドクエスチョンのメリット、デメリットをはこんな具合です。


オープンクエスチョンのメリット、デメリット

メリット
どんな答えも許されているため、どんどん話が広がり盛り上がる

デメリット
答えが自由な分答えにくい。特に余り親しくない人にオープンクエスチョンで質問された場合、自分の情報をさらけださないといけないことも多く、打ち解けてない人に対しては向いていない


クローズドクエスチョンのメリット、デメリット

メリット
イエス、ノーのように答えやすい

デメリット
話に広がらずにすぐ終わってしまう

雑談を楽しく盛り上げるためには、オープンクエスチョンの方が、会話が広がるし、いろいろな話のネタも出て楽しいでしょう。しかし、あまり親しくない人に対しては、相手のことも考慮して、答えやすい質問、クローズドクエスチョンから質問してあげるといいでしょう。親しくなってきたら、少しずつオープンクエスチョンに変えていけば、相手と打ち解けるのも早くなります。

相手に合わせて答えやすい質問をしてあげるのが、聞き上手になるための第一歩。