雑談力のきいろわトップ > 雑談力をつける会話術・話し方のコツ > 会話のきっかけになる話のネタ・話し方のコツ > 会話のきっかけ会話術 近況を尋ねる

会話のきっかけ会話術 近況を尋ねる

近況を尋ねる会話術で雑談をスタートしよう

あなたの雑談したい人が、初対面の人で無ければ、前にもなんらかの会話を交わしている人がほとんどではないでしょうか?一度でも会話した仲であれば、以前の話のネタを会話のきっかけに雑談を始めることが可能です。


会話のきっかけでよく利用される会話術のひとつに、”近況を尋ねる”というものがあります。相手と前回会話したときに、知りえた情報をふたたび尋ねる会話術です。

一つ前の会話で、


前回の雑談で、相手とこんな会話をした
相手 「今日は母親の誕生日なんだ」

という話のネタが話題に上ったら、次に会ったときは、


前回の雑談で出た話のネタの、結果を尋ねる
あなた「お母さんの誕生日、お祝いできた?」

と会話のきっかけに使うことができます。

前回の会話で、

前回の雑談で、相手とこんな会話をした
相手 「週末は、彼とドライブ行くんだ」

という話のネタで雑談したのなら、

翌週の会話のきっかけは、


前回の雑談で出た話のネタの、結果を尋ねる
あなた「ドライブ楽しめた?」


と近況を尋ねる話し方が可能です。

もし、


前回の雑談で、相手とこんな会話をした
相手 「週末は、彼とドライブ行くんだ」


と雑談した次の日、相手と雑談する機会があったとします。相手がまだドライブに行ってなくても、



前回の雑談で出た話のネタの、詳細を尋ねる
あなた「週末のドライブ、どこ行くか決めた?」

とか、

前回の雑談で出た話のネタの、気持ちを尋ねる
あなた「明日ドライブだよね。楽しみだね!」

なんて尋ねるだけでも会話のきっかけになります。

この会話のきっかけ会話術を使うには、相手との以前の会話を覚えておく必要があります。あなたが、会話相手に興味を持っているなら、会話の内容は、自然と頭の中に入っているでしょう。そして会話のきっかけになる言葉も自然と出てくると思います。

しかし、あなたにとってあまり興味の無い人、また、会話の内容自体が、あなたにとってあまり関心の無いものなら、覚えておくこともなかなか難しいでしょう。相手がまた同じ話のネタを話題にしてくれれば、

あなた「そういえば、そんなこと言ってたね」

なんて思い出すかもしれないですが、自分から会話のきっかけとして話すには、意識して覚えておく心構えが必要です。人と話した後、一人になったら、会話の内容をメモするなどのちいさな努力も必要でしょう。


しかし、些細な内容ほど、覚えていれば相手はうれしいものです。会話のきっかけにも困らないし、相手に好かれることもできる会話術なので、積極的に使えばいい人間関係を築くきっかけにもなるでしょう。


(参考: 雑談力のきいろわ「会話の内容を覚えていれば、相手に好意を伝えられる」
人は自分の話をしたいもの。関心を持って、積極的に聞き出そう。