雑談力のきいろわトップ > 雑談力をつける会話術・話し方のコツ > 雑談力をつける会話術・話し方のコツを学ぶ > 会話が途切れる恐怖。気まずい沈黙への心構え

会話が途切れる恐怖。気まずい沈黙への心構え

会話の沈黙は怖くない

雑談が嫌いな人、何人かに「なんで雑談が嫌いなのか」を訊きました。その結果、「何を話していいのかわからない、会話が途切れたときの間"沈黙"が気まずい」 という答えが多くありました。だから雑談をなるべく避けるように生活しているのだと。

雑談が好きという方々に関しても、「話が盛り上がっているときはいいが、話題が途切れてしまったときに訪れる"沈黙"に耐えがたい苦痛を感じる」という大勢いました。そして、沈黙から脱出するために、新しい話のネタ作りに躍起になるのだと。

雑談の中で多くの皆さんが抱いている恐怖、「会話が途切れたときの気まずい沈黙」ですが、これを完全になくすことは不可能だと私は思っています。しかし、考え方を変えれば、"沈黙"は恐怖ではなく、雑談の途中で訪れる「ちょっと間の休憩時間」にすることができます。

”沈黙”はどんな親しい間柄にも必ず訪れます。

必ずです。親友同士だって、家族だって、恋人同士だってです。この事実を受け止めてください。

だから、もしあなたが誰かと雑談をしていて沈黙が訪れたとしても怖がらないでください。沈黙から脱出するために、次から次へと質問をしたり、無理に新しい話のネタを提供するようなことはしないでください。必死な気持ちは相手に伝わってしまいます。相手に対してもプレッシャーを与えて、より気まずくなってしまいます。

「会話が途切れたときの沈黙」 = 「気まずい」ではありません。

会話が途切れ沈黙が訪れたら、まず落ち着いてください。リラックスです。あなたがリラックスすれば、それを見て相手もリラックスするでしょう。リラックスしていることを伝えるために、相手に対して目で微笑んで見るのもいいでしょう。それを見れば相手も安心します。テーブルの上のコーヒーがあったならそれをゆっくりと味わいながら飲むのもいいでしょう。外の風景に目を向けて心を落ち着かせるのもいいでしょう。そうしているうちにまた、話したい話のネタは自然と見つかるものです。

とはいえ、あまり沈黙ばかりが続いて、雑談が盛り上がらないのも寂しいものです。雑談力のきいろわで公開している会話術や話し方は、ほとんどが”沈黙”ができるだけ少なくなるように、相手がノッてくる雑談のルールです。すべて実際の雑談において大きな成果のあった会話術や話し方のコツばかりなので安心してお使いください。

使ってください。一度読んで「なるほど!こんな会話術や話し方のコツがあったのかぁ!!」だけで終わらせないでください。何度でも繰り返し読んで、実践して、会話術や話し方のコツを自分のものにしてください。

雑談力を向上させるための会話術や話し方のコツが自分のものになるにしたがって、あなたは「会話が途切れたときの沈黙」を味わえるようになります。沈黙を切り上げて雑談を盛り上げるのも、沈黙を続けさせて会話の休憩時間として過ごすもすべてあなたの思い通りにできるようになります。もう気まずい気持ちとは無縁になるでしょう!

少しずつ確実に学んで使える会話術にしていってください。

会話はメリハリがあるから面白い。「沈黙」もメリハリの一部。