雑談力のきいろわトップ > 雑談力をつける会話術・話し方のコツ > 雑談力をつける会話術・話し方のコツを学ぶ > 人生が変わる!雑談を学ぶメリット

人生が変わる!雑談を学ぶメリット

雑談力をつけると人生が変わる

雑談が苦手な人が、無理に苦手を克服する必要があるのでしょう?

もちろんあります。

雑談は人間関係を円滑にしてくれます。
友達もいっぱいできます。恋人作りのきっかけにもなります。近所づきあいも、嫁姑関係だってうまくいきます。

仕事に雑談を取り入れれば仕事は楽しく、うまく進むでしょう。
雑談を取り入れて仕事するのと、取り入れないで仕事をするのとでは雲泥の差です。私自身が経験しています。(詳細は下記)

雑談をして人間関係を発展させていけば、毎日の生活が潤います。
雑談の中で相手の人生を垣間見ることができます。情報を交換すれば知識も増えますし、あなたが知りえなかった新しい価値観や、考え方を学ぶこともできます。


私は以前、会社員をしていました。職種は営業職です。その時の私は人と接することが苦手でした。扱っている商品の説明、目的のある会話はできるのですが、商品の説明に入る前の雑談、目的のない会話ができませんでした。何を話していいのかわからないし、そもそも雑談の必要性など感じませんでした。

ただ会社で扱っている商品の勉強はしました。ライバル製品のこともとことん調べ上げ、仕事から夜遅く帰ってもひたすら商品知識を詰め込みました。お客さんからどんな質問がきても答えられるように死ぬ気で勉強をし、誰にも負けない知識を身につけたと自信を持っていました。ここまで勉強しているやつはいない、間違いなく優秀な成績を収めることができる。そう思っていたのです。

しかし・・・。営業の成績は振るいませんでした。

私は悩みました。こんなに頑張っているのになぜほか同僚達よりも商品を売ることができないのか。自分の方が間違いなく知識をもっているのに、なぜ、あまり努力もしていないような人たちに負けてしまうのか。考え悩みましたが、答えは導き出せませんでした。

その時の私は営業成績が伸びない原因が、雑談をしていないことにあるとは思ってもいませんでした。

そんなある日。成績優秀な先輩が、一人で悩んでいる私をご飯に連れて行ってくれました。そして、ストレートに私の弱点を指摘してくれました。

「おまえは人と仲良くする気がない。人の信頼を得るには商品知識も大事だ。しかし、それより大事なことは仕事以外の話で心と心を通わせることだ」と。

つまり、仕事以外の話、雑談をして相手と仲良くなれば売れるとアドバイスを受けたわけですが、

雑談など、暇人が時間を浪費しているに過ぎない。

と思っていた私にとっては、半信半疑でした。

しかし半信半疑ながら、尊敬している先輩だったので、少しずつ商品説明の前に雑談を取り入れていきました。話のネタは前日のニュースなどで仕入れました。

するとどうでしょう。

商品が面白いように売れ始めました。しかも不思議なことに、あまり商品の説明をしていなくても契約にいたるケースが多くなってきました。以前の知識武装した私ではありえないほど簡単に契約が取れるようになりました。

ようやく雑談の持つ偉大な力に気づきました。

私生活でも雑談をできるだけ遠ざけてきた私でしたが、プライベートでも雑談の持つ力の恩恵をあやかりたいと思ました。人が変わったように積極的に人とのコミュニケーションをとるように変わっていったのです。

最初はうまくいくことばかりでなく、積極的過ぎてドン引きされ、嫌われるような経験もしました。失敗も数多くしましたが、失敗からも多くを学びました。どのようにすれば相手は喜んでくれるのか、そのためにどんな受け答えをすればいいか。数多くの場数を踏み、段々と相手との距離を測り、距離を縮める雑談のルールができてきました。

雑談力のきいろわでは、私が得た雑談ルールを公開し、雑談で楽しく会話できるように、会話術や話し方のコツとして分かりやすくお伝えしています。雑談を楽しめるようになったら、雑談で一目置かれるような、面白い話のネタの話し方、雑学や豆知識を上手に披露するための話し方のコツまで、徹底的に案内します。

まずは自分自身が雑談を楽しめるようになることが第一ですので、じっくり学んでいってください。

雑談を極めれば、いつの間にかあなたの周りにはあなたと雑談したい人がたくさん集まってくるでしょう。ただ相手の気持ちを汲んで、あなたの気持ちを伝えるだけで、 プレゼントを贈るよりも、体を張ってなにかを手伝ってあげるも、 相手の気持ちを惹きつける魅力的な人間になることができるのです。

雑談上手になれば人生は変わります!