雑談力のきいろわトップ > 雑談力をつける会話術・話し方のコツ > 話を広げる会話術・話し方のコツ > 人見知り、話しにくい人といい関係を築く会話術

人見知り、話しにくい人といい関係を築く会話術

会話術でいい人間関係を築こう

どこに行っても、話しにくい人はいると思います。話しにくい人とは、主に話しかけても反応の悪い人のことです。本人にとってはタダの人見知りや、無意識に反応が悪いだけのことが多いようですが、話しかけている側からすれば反応が薄いのはつらいものです。無理して会話をする必要のない人であれば別に問題はありません。しかし、会社のように毎日顔をあわせる人であれば、会話のないこと自体がストレスに感じることもあるでしょう。

では、このような人に対してはどのように声をかけて雑談するのがいいのでしょうか。

これまで会話をしてこなかった人へ声かけは、自然に声のかけられる話のネタは限られてきます。「天気の話題」などのありきたりだけど共通の話のネタもいいのですが、私のお勧めの話のネタは「大きなイベント事」や「相手の変化」を会話のきっかけにすることです。 こんな話のネタなら、突然声をかけても、不自然になりません。

「突然の大雨」や「昨日地震があった」「相手の見た目の変化(髪型や服装)」「会社で、誰かが異動になるといった噂」などの話のネタ。相手にとっても気になっているであろう話題を、自分も気になるから声をかけましたという体で自然に雑談してみましょう。

今回は、相手の髪形の変化を話のネタにした会話例を紹介します。

相手の髪型の変化に気付き、それを会話のきっかけに雑談します
あなた「あれ、どうしちゃったんですか。髪型すっきりしましたね」

相手 「ええ」

あなた「近くに来るまで誰かわからなかったですよ。短髪も似合うんですね」

相手 「ありがとうございます」

あなた「暑くなってきましたし、私も今度の休みに髪切りに行こうかなぁ」

相手 「はは(笑い)」

声をかけて雑談が盛り上がればいいですが、盛り上がらないことも多いでしょう。相手が話下手であれば、打ち解けるまでにも時間のかかる人なのですから、雑談は盛り上がらなくて大丈夫です。無理に雑談を盛り上げようと、しつこく会話を続けると逆に、余計にあなたと会話をしてくれなくなる場合だってあります。少し会話をしたら、その日の雑談はそこで終了です。相手がその場から立ち去らなかったら、あなたからその場を去ってあげましょう。

このような少しの会話を、できるだけ毎日、自然な感じで実践してみましょう。一日目に、もう声をかけて雑談したことのある関係ができています。二日目以降は、「天気の話題」など一般的な話のネタでOKです。

声をかけるにはタイミングも重要です。理想は毎日ですが、タイミングがなかったら、声をかけるタイミングがある日だけで大丈夫です。あくまで自然に雑談してください。「雑談するタイミングを伺っています」という姿勢が相手にわかってしまうと、不自然で相手にとってもストレスになります。

話しにくい人とは、すぐに仲良くなろうとあせってボロを出すより、会話の回数を少しずつ重ね、ゆっくり心の距離を縮めていってください。きっと相手も少しずつ心を開いてくれます。一般的な話ですが、口下手な人といい関係を築けたら、社交的な人よりもあなたのことを大切に思ってくれます。

誰だっていい人間関係を築きたい。人間関係を築くのが苦手な人がいたら、あなたから雑談を仕掛けよう。