雑談力のきいろわトップ > 雑談力をつける会話術・話し方のコツ > 話のネタに困らない会話術・話し方のコツ > 仲良くなれる会話術。相手の印象を話のネタにする

仲良くなれる会話術。
相手の印象を話のネタにする

会話術で仲良くなろう

初めて会った人と雑談するときは、お互いの自己紹介から始まって、「天気」「旅行」「趣味」「芸能情報」など、当たり障りのない話のネタで会話をしていると思います。ただ、相手と二度三度と会って、雑談する時間が多くなれば、当たり障りのない話のネタだけでは会話が尽きてしまうでしょう。そんな時は、初めて会ったときには言えなかった相手の印象や、自分の感情を話のネタにしてみてはどうでしょう。

相手の印象を話のネタにした例をいくつか挙げてみます。


相手の印象を話のネタにした会話例1
「○○さんて、思ったことを何でも口にしちゃうから、聞いてるこっちはとっても気分がいいです」


相手の印象を話のネタにした会話例2
「○○さんの印象って最初とぜんぜん違いますよ。もっと物静かな人かと勝手に思ってたんですけど、愉快な人だったんですね。一緒にいてとても楽しいです」

相手の印象を話のネタにした会話例3
「私結構人見知りで、人と仲良くなるまでに時間がかかるんですが、あなたが話しやすい人で本当に助かってます」

相手に対する印象は、出会って間もない人には、なかなか言えないものですし、言う必要もないと思います。しかし、会う回数を重ねていくに連れて相手の印象を言葉で表現することは必要になりますし、聞いている相手も悪い気はしません。きっと、気持ちを表してくれたことを好意的に受け止め、相手もまた心を開いて自分の気持ちを表現してくれるでしょう。

普通、このような話のネタは好意を持っている人にしか話しません。相手からこのような話のネタが出た場合は、相手はあなたに好意を持っているということです。あなたも相手に合わせて自分の気持ちを表現してみてください。互いの印象や気持ちを話のネタにして雑談しあうことで心の距離が縮まり、相手と仲良くなれます。

相手の印象や気持ちを話のネタにすることに慣れていない人が、最初から上手に言葉にするのは難しいでしょう。回数を重ねていけば少しずつ表現できるようになっていけます。数をこなして少しずつ慣れていってください。

仕事の同僚や上司、部下の関係であっても、互いの印象や気持ちを伝えることができる間柄になれば、仕事もうまくいくし楽しくなるでしょう。知人の間柄でも、仕事の愚痴や恋愛相談など話せる話のネタは一気に広がり、楽しい雑談ができるはずです。恋人同士の関係になるにも互いの印象や気持ちを話のネタにすることは必ず必要です。

相手の印象を相手に伝えることができると、話せる話のネタの幅が一気に増える。