雑談力のきいろわトップ > 雑談力をつける会話術・話し方のコツ > 話のネタに困らない会話術・話し方のコツ > 話し上手な会話のコツ。 マイナスの感情を話のネタにする

話し上手な会話のコツ。マイナスの感情を話のネタにする

マイナスの感情は話のネタになる

自分自身の体験を、話のネタに雑談するときの話です。楽しい体験であれば、話し手自身も笑顔で雑談できるでしょう。しかし世の中、楽しいことばかりではありません。楽しくないと思った気持ち自体が話のネタすることだってできますが・・・。

怒りや悲しみのようなマイナスの感情は、話のネタにしてはいけないことと自分の気持ちにふたをしてしまう人もいるようです。ただ実際は、マイナスの感情を話のネタにされて、いやな気持ちになる人はそんなにいません。


■怒りの感情を話のネタにする


例えば、あなたが仕事で小さな失敗をして、上司から必要以上に怒られたとします。なんでここまでひどく叱咤される必要があるのだ、納得いかないと心の中で思っていても、面と向かってそんなこと言えません。そんな怒りの気持ちこそ話のネタなります。


こんな怒りの気持ちが話のネタになる
「あの課長、ちょっと家庭でうまく言ってないからって、仕事場にでストレス発散しようとしてんじゃねーよ!ほんとムカついてしょうがない!!」

多少汚い言葉を使ったって大丈夫です。自分の中の素直な気持ちを仕事仲間や友人に打ち明けてみましょう。話が常識的におかしな話でない限り、聞き手は話のネタに共感をし、理解しようとしてくれるでしょう。話し方は、よっぽどの暴言や陰湿な復讐計画みたいなものはNGですが、それ以外はさらっと話してしまえば聞き手にも笑い話に聞こえ、一緒に笑って仲間になってるでしょう。


■悲しみの感情を話のネタにする


悲しみの気持ちも一緒です。話のネタにしてみんなに聞いてもらいましょう。


こんな悲しみの気持ちが話のネタになる
「長い間飼っていたペットが死んでしまった」
(辛い例文ですみません)

ペットを飼っていない人にはわからない、想像を絶する辛さのようです。家族であるペットが死んでしまって、立ち直れそうにない悲しみ。こんなことを話のネタにしても、相手を困らせるだけだと話さない人もいます。ただこんな気持ちほど周りの友人には話のネタにして聞いてもらいましょう。話のネタにすることで気持ちが楽になります。黙って、自分の気持ちにふたをし、無理に明るく振舞うと本当の感情を見失ってしまいます。

毎回怒りや悲しみの感情だけを話のネタにすると聞き手にとってもつらいでしょうが、たまに感じたマイナスの感情はどんどん話のネタにして聞いてもらい、心を少しでも軽くしましょう。聞き手だってマイナスの感情を押し殺してしまってる可能性だってあります。あなたがマイナスの感情を打ち明けることで相手も自分の気持ちを打ち明けやすくなります。そんな話のネタを共有することで一体感が生まれ、その場にいる人たちのとの心のつながりはより強いものになります。

マイナスの感情も話のネタにできると雑談を好きになれる。