雑談力のきいろわトップ > 雑談力をつける会話術・話し方のコツ > 話のネタに困らない会話術・話し方のコツ

話のネタに困らない会話術・話し方のコツ

  1. 雑談って何話す?あなたの気持ちが話のネタになる
    雑談のような目的の無い話になると、何を話していいのか分からないと困惑してしまう人がいます。難しく考える必要はありません。あなたがいつもの日常生活で感じたことをそのまま言葉にすれば、それが話のネタになるのです。
  2. 会話下手を克服したいなら、話のネタの起承転結を用意する
    あなたが会話下手で雑談でも何を話して良いのか分からないとお悩みなら、あらかじめ話のネタを準備しておくことをお勧めします。雑談では話のオチまで準備する必要はありません。起承転結の「起承転」まで用意すれば雑談は楽しめます。
  3. 話し上手は何気ないことも丁寧に話して話のネタにする
    話のネタは何気ないことでもいいんです。あなたが話すに値しないと思っているような日常的に出来事も聞き手にとっては面白いことかもしれません。話し上手は話を盛り上げるために、何気ないことでも丁寧に具体的に伝えて話のネタにします。
  4. 話を盛り上がる会話術。自分の気持ちを話のネタにする
    雑談を盛り上げるための会話術は、起こった出来事の事実だけを伝えるのではなく、その時あなたが思った気持ちを伝えることです。気持ちを相手に伝えると、相手は心を開き、イメージも刺激され会話が弾みやすくなります。
  5. 話し上手な会話術。自分を語って話を広げる
    話し上手な人は自分を語ることができる人多いようです。相手からあなた自信のことについて質問されたとき、自分を語れるようになっておくと話すネタに困りません。あなた自身のことは、定番の雑談ネタなのでぜひ自分を語れるようになってください。
  6. 話し上手な会話術。雑談ネタ「天気の話題」の広げ方
    普段から話しているようなありふれた話題でも、少し頭をひねっていつもと違う会話に持っていくことで話は広がります。話し上手は、「天気の話題」にも会話に雑学を盛り込んでみたり、相手に質問をして会話は盛り上げます。
  7. 話し上手な会話術。自分の弱点を話のネタにする
    話し上手な人は、自分自身の弱点(至らないところ)を笑い話として披露できます。自分の弱点だと思っていることを話してもあなたのマイナスにはなりません。自分の弱点を話すことは、親しくなりたい人に使うと有効な会話術です。
  8. 話し上手な会話のコツ。マイナスの感情を話のネタにする
    怒りや悲しみのようなマイナスの感情こそ話のネタにしてください。マイナスの感情を相手にしたからといって嫌われることはありません。あなた自身の心も軽くなるし、相手もあなたに心を開きやすくなります。
  9. 話し方のコツとマナー。悪口を話のネタにしない
    雑談にもマナーがあります。いくら雑談を盛り上げるためといっても、その場にいない人の悪口を言うのはよろしくありません。悪口の話題が出たら時、あなたの会話術で話の流れを変えることができれば満点です。
  10. 仲良くなれる会話術。相手の印象を話のネタにする
    当たり障りのない話だけではいつか話のネタは尽きてしまいます。何度か雑談できた相手であれば、相手の印象を話のネタにしてあなたの気持ちを伝えてみましょう。そうすることで相手はあなたに好意を持ち、いい人間関係が築けます。
  11. 雑談を盛り上げる最高の話のネタはあなたの実体験
    いろいろある雑談ネタの中で聞き手を魅了する一番の話のネタはあなた自身の実体験です。実際に経験したことだからこそ、話をリアルに伝えることができ聞き手を惹きつけます。面白い実体験は人と関わることから始まります。
  12. 一日に何度も会う人と会話のネタに困らない会話術
    学校や会社などで余り親しくない人と一日に何度も会うことないですか?最初に会った時は会話のネタがあっても、一日に2回3回会うと会話のネタもなくなり気まずい雰囲気になることも。そんな時は何度も会った事実を会話のネタにすることもできます。

雑談力をつける その他のカテゴリ