雑談力のきいろわトップ > 心理学を使った会話術・話し方 > 心理学を使った会話術・話し方11-20 > 話し上手は、調子が悪いときは減点されないように無難に話す

話し上手は、調子が悪いときは減点されないように無難に話す

話し上手は、調子が悪いときは減点されないように無難に話す

フィギュアスケートの選手が4回転ジャンプを特訓して、本番前にも何度も成功していました。しかし本番当日、「なんか今日は調子がわるいなー、うまくいかないかも」と感じたら、どうするでしょうか?おそらくその選手は4回転をあきらめて、3回転半にチャレンジするでしょう。賭けに出るより減点されないほうが大事だからです。


自分のコンディションが分かっている人は、大事なときに無理をしません。大事な局面で失敗すれば、失うものが大きいからです。本来なら高得点を狙う力も持っていても、不調なら狙う点数を下げて転ぶのを避けたほうがいいのです。


会話するときも同じことが言えます。とっておきの面白い話のネタを仕入れたとします。「よし、今日はあの人にこの話をしよう」と思っていても、話を切り出す前に「どうも今日はパッとしないな」と感じたら止めたほうがいいでしょう。どんずべりしてトラウマになるかもしれません。


会話は話し手と聞き手のコンディションによって楽しいものにも、うんざりしたものにもなります。話し上手はそのことをきちんと理解しているので、違和感を感じた場合は面白い話があっても無理に話しません。次回に取っておいて無難な話をしたり、ウケを狙った話し方を控え、減点されない手堅い語りをします。


自分の感情を理解することは、会話力を上げるコツでも人生をうまく生きるコツです。調子に合わせてふるまい方を変えることで、大きな失敗をすることがなくなります。