雑談力のきいろわトップ > 心理学を使った会話術・話し方 > 心理学を使った会話術・話し方11-20

心理学を使った会話術・話し方11-20

  1. 話し上手は、調子が悪いときは減点されないように無難に話す
    自分のコンディションが分かっている人は、大事なときに無理をしません。大事な局面で失敗すれば、失うものが大きいからです。本来なら高得点を狙う力も持っていても、不調なら狙う点数を下げて転ぶのを避けたほうがいいのです。
  2. 一目置かれたいなら「変わった趣味をほどほどに話す」といい
    ありふれた趣味より変わった趣味のほうが相手はあなたを評価します。変わった趣味で「自分らしさ」をアピールできれば「こいつは他の奴と違う」と思わせることができるのです。
  3. 話が面白くない人と思われたくないなら、誰よりも先に話す
    大爆笑が起きた面白い話や大いに盛り上がった話のネタの後は、できるだけ新しい話のネタを持ち出さないほうがいいでしょう。目の前の人たちを魅了させようと思っても、よっぽどの話でないとかすんでしまうからです。
  4. 頭の良さをアピールしたいなら雑学を話すのが手っ取り早い
    頭のいい人は、人を楽しませるために、会話の中に自然に雑学を盛り込みます。雑学のテーマは特に決まっていませんが、関心を引く身近な話題であることが必須です。そして「相手が知らない雑学」であることが重要になります。

心理学を使った会話術・話し方 その他のカテゴリ