雑談力のきいろわトップ > 心理学を使った会話術・話し方 > 心理学を使った会話術・話し方1-10 > 断られないためには、賛成してもらうこと前提に話す

断られないためには、賛成してもらうこと前提に話す

断られないためには、賛成してもらうこと前提に話す

自分の思ったままに人が動いてくれたら、仕事もプライベートもどんなに快適になるでしょうか。意見がぶつかることもなくなり、自由にふるまえます。人間関係のストレスもなくなるでしょう。しかしそれは夢物語です。そんなこと現実には起こりえません。


しかし話し上手な人は、相手を上手に動かすために、話し方を工夫しています。意見を述べるときも問いかけるときも、断られないための仕掛けを施して、うまく相手を誘導するのです。


たとえば自分の意見に同意させたいなら、次のような前置きを入れると、同意してくれる確率が少し上がります。


断られないための前置き1
「反対される方は少ないと思うのですが・・・」

断られないための前置き2
「OKをいただけるなら、具体的は方法をお話しますが・・・」

賛成してもらうことを前提に話すと、迷っている人は、その場の雰囲気からなんとなくOKを出しやすくなります。はっきりと反対の意思を持つ人には効きませんが、踏ん切りがつかない人の背中をぽんと押すことができます。


女性をデートに誘うとき、誘いベタな男性はこう声をかけます。


下手なデートの誘い方
「デートしてくれませんか?」

男性に好意を持っている女性なら賛成してくれるでしょうが、そうでない女性なら断ってしまうでしょう。うまく誘うなら次のような話し方がいいでしょう。


賛成してもらうことを前提にデートに誘う
「食事に行くならワインのおいしい店がいいよね?」

行くことを前提に話せば「まあ、食事くらいならいっか」となりやすいのです。


慎重な人や優柔不断の人、意見を持ってない人は、自分で答えを出すのに時間ががかります。迷っている間がチャンスです。少し強引に引っ張ってあげると、ついてきやすくなります。断られないために誘導するときは堂々と話しましょう。そうすれば、相手は安心して賛成できます。