雑談力のきいろわトップ > 心理学を使った会話術・話し方 > 心理学を使った会話術・話し方1-10 > 「えーっと」という口癖は沈黙に置き換えれば聞き取りやすい

「えーっと」という口癖は沈黙に置き換えれば聞き取りやすい

「えーっと」という口癖は沈黙に置き換えれば聞き取りやすい

ついつい出てしまう口癖を持ってる人も多いと思います。私の周りの人たちを観察すると「びみょー」「別に」「あー疲れた」「ふーん」「すごい!」「なるほど」などがよく使われていました。口癖はクセであるから無意識に口に出てしまいます。あなたの口癖がネガティブなものなら相手によくないイメージを与えてしまいます。心当たりがあるなら改善したほうがいいでしょう。


多くの人が思わず口にしてしまう口癖に「えーっと」「あのー」があります。言葉の切れ目に使われる言葉で、考えがまとまってないまま話し始めると、つい口走ってしまいます。


「えーっと」「あのー」が出てしまう原因は沈黙を恐れているからです。沈黙を生まないように、見つからない言葉の代わりに思わずこの口癖を使うのです。しかし「えーっと」「あのー」がある話し方は、聞き手には聞き取りにくく感じます。話し方としては褒められるものではありません。


「えーっと」「あのー」を連発する人は、頭の悪い印象を持たれます。雑談中なら個性で済まされるかもしれませんが、仕事なら大問題です。


「えーっと」を連発した頭の悪そうな話し方
「長所は、えーっと、明るくて、えーっと、真面目なところです」

「あのー」「そのー」を連発した頭の悪そうな話し方
「あのー、この商品の最大のウリは、そのー、先進的なデザインなんです」

この口癖を1回すれば、話の信頼度も1ポイント減っていくでしょう。聞き取りにくいし、話の内容より要領の悪さが目立ってしまいます。うっかり言ってしまいそうになったら、音に出す前に気づいて、グッと飲み込んでください。変わりに気の利いた言葉を探す必要はありません。口癖の部分を沈黙に置き換えることができれば、それだけで印象がだいぶ変わります。


口癖を沈黙に置き換えると落ち着いた話し方になる 例1
「長所は・・・明るくて・・・真面目なところです」

口癖を沈黙に置き換えると落ち着いた話し方になる 例2
「・・・この商品の最大のウリは・・・先進的なデザインなんです」

口癖をこらえて無言を決め込めば、話の途中に「間」ができます。「間」は緊張感をもたらし、話に重みを出すことができます。口癖の場合とは逆に、話に説得力をもたす効果もあるのです。


「えーっと」「あのー」はついつい出てきてしまう言葉です。なくそうと思ってもすぐに全部なくすことは、難しいと思います。少しずつでも少なくする意識をしてみてください。話し方に説得力と、聞き取りやすいイメージを持たせることができます。