雑談力のきいろわトップ > ”話のネタの話し方”トップ > 美人と一緒にいると、ストレスが溜まる

話のネタの話し方 Vol.13
”美人と一緒にいると、ストレスが溜まる”


この記事は、雑談力のきいろわが発行している週刊メルマガ「話のネタの話し方」をホームページ用に再編集したものです。


今週の話のネタ:美人と一緒にいると、ストレスが溜まる


新しい年を迎え、新しい目標を立てて、今年こそは!を意気込んでいる方も多いのでは?

私の周りにも、今年こそは、彼女を作るぞ!と大きな誓いを立てた人がいました。そんな彼を見て、今回の話のネタを決めました(笑)


話のネタ[美人と一緒にいると、ストレスが溜まる]の解説

男性も女性も、好きなタイプの異性を目の前にすると、ドキドキすると思います。一緒の空間で、おしゃべりするようなチャンスが訪れたら、うれしいけど、ドキドキも増すでしょう。


このドキドキの原因は、心拍数の上昇です。


好きな異性が原因の心拍数の上昇は、体内で、ストレスホルモンの分泌を促します。一緒にいて、ドキドキする時間が長ければ、その分だけストレスホルモンの分泌も多くなります。これが、長期的に見ると、心臓の健康へ悪影響を与えるのです。


自分にとって、「高嶺の花」と思える異性ほど、一緒にいることで、ホルモンの分泌が多くなるそうです。


「美人は3日で飽きる」とも言いますので、それほど心臓に負担がかかるようなことは無いと思いますが、話のネタとしては、面白いのでは無いでしょうか?



では、この話のネタを取り入れた、雑談の話し方例です。


~~今年の正月、実際にした雑談~~
あなた「今年の目標決めた?」

相手 「俺は今年こそ彼女を作る!」

あなた「おまえは容姿にこだわりすぎなんだよ。性格重視のほうが、一緒にいて絶対楽しいって」

相手 「別にそんなにこだわっちゃいないよ。できたら、見た目もいいほうがいいけど」

あなた「あんまり美人過ぎるのも、心臓に負担かかるし、何事もほどほどがいいんだよ!」

~↑このセリフが今回の話のネタです~

相手 「なんで心臓に負担かかるんだよ!」

あなた「美人目の前にしたときのドキドキ、アレ絶対心臓に悪いって」

こんな感じの会話でした。


この後、「過去の恋人はここに惹かれて付き合った」、「付き合い始めて、相手のこんなことが分かった」、「好きになる人の共通点は・・・」、「こんなことされたら、すぐ惚れちゃう」なんて話のネタで、雑談を楽しみました。