雑談力のきいろわトップ > ”話のネタの話し方”トップ > 高いプレゼントは、愛の破局をもたらす”

話のネタの話し方 Vol.09
”高いプレゼントは、愛の破局をもたらす”


この記事は、雑談力のきいろわが発行している週刊メルマガ「話のネタの話し方」をホームページ用に再編集したものです。


今週の話のネタ:高価なプレゼントは、愛の破局をもたらす


あと2週間で今年も終わりです。

年末は、ただでさえ仕事が忙しくなるのに、季節のイベントも目白押し。1日24時間じゃ、時間が足りない。そう感じてる人も多いのでは?

そして、まもなく冬一番の大きなイベント、クリスマスです。ということで、今回もクリスマス時期に、使えそうな話のネタです。


話のネタ[高価なプレゼントは、愛の破局をもたらす]の解説

プレゼントは、相手に自分の好意を伝えるものであり、相手の気を引く、有効な手段です。ですが、プレゼントによっては、二人の気持ちにすれ違いを生むことになりかねません。


相手に最も好意を持ってもらう、プレゼントの仕方があります。それは、もらったものと同じ価値のものを相手に贈ることです。何ももらっていない相手に初めてプレゼントするときは、安価なものを送りましょう。


送った物ともらった物の値段のズレは、二人の気持ちのズレを生じさせます。


好きな人にプレゼントを送る際、「好きだ」という気持ちを表したいため、高価なプレゼントを選びがちです。高価なプレゼントを贈った人は、「気持ちを伝えられた」と満足でしょう。しかし、それは一方的な自己満足でしかありません。


人は、相手から好意を受け取ったら、自分も同じ分だけの好意を返さなければいけないという気持ちが芽生えます。高価なプレゼントをもらった相手は、高価なお返しをしなければならないという、プレッシャーが生まれるのです。


「気にしないで。見返りは期待してないから」こんなことを言っても、本当に気にしないでいられる人は、ごくわずか。「高価なプレゼントの裏には、なにか下心があるのでは?」と警戒心も抱かせてしまい、破局への道を歩ませてしまうのです。



では、この話のネタを取り入れた、雑談の話し方例です。


~~友人との会話~~
あなた「もうすぐクリスマスだね」

相手 「そうだよね」

あなた「お世話になってるから、今年はプレゼントあげるよ。何がいい?」

相手 「ええ!ホントに?じゃあ、マフラー!!」

あなた「お金のかかるものはダメ!肩たたきか、手料理か、私と二人のツーショット写真!」

相手 「マフラーがいいのに・・・。じゃあ手料理で」

あなた「了解。何食べたい?」

今回の話し方例は、あなたの発言「お金のかかるものはダメ!」のところで、話の流れによっては、そのまま話のネタを話す機会が出てきます。


~~話のネタの話し方例 別の流れ~~
あなた「お金のかかるものはダメ!」

相手 「なんでダメなの?」

(「なんで?」と相手から質問が出てきたら、話のネタを話すチャンスです)

あなた「二人の友情に破局をもたらしちゃまずいでしょ」

相手 「どういうこと?」

あなた「お金のかかるものだと、あなたもお返ししなきゃってプレッシャーになるでしょ」

相手 「え!?お返ししなきゃいけないの?タダでしょ?いつもあんなにお世話してあげてるのにぃ(笑)」

こんな話の流れも予想できそうです。 


この後、「プレゼントは、愛の大きさを測るバロメーターだよ」とか、「クリスマスは、南の島で暖かく暮らしたい。連れてって」などと雑談するのも楽しいと思います。