雑談力のきいろわトップ > ”話のネタの話し方”トップ > 話のネタの話し方 ”20年後、不老不死が可能に!?”

話のネタの話し方 Vol.01
”20年後、不老不死が可能に!?”


この記事は、雑談力のきいろわが発行している週刊メルマガ「話のネタの話し方」をホームページ用に再編集したものです。


今週の話のネタ: 20年後、不老不死が可能に!?


老化は、誰もが気になる、雑談を盛り上げることのできる話のネタです。

まず解説から。
人の細胞は、細胞分裂を繰り返し、新しい細胞を作ることで、若さを保つことができる。しかし、細胞分裂ができる回数は、生まれながらに決まっていて、その回数分の分裂が終了すれば、それ以上分裂できずに細胞は死んでしまう。これが老化である。


しかし近年、細胞分裂できる回数を増やすことができる物質が発見されており、人間への実用化まであと20年といわれている。


この話のネタを日常の雑談で自然に披露して、会話を盛り上げるには、どうすればいいのでしょうか? 例えば、こんな会話をきっかけにして、話のネタを披露してみてはいかがでしょうか。


あなた「最近、朝と夜とだと、自分の肌がぜんぜん違うなって思っちゃって」

(会話のきっかけは、身近なところから。今回は自分自身が感じたことを会話のきっかけに)


相手 「そうなんだぁ」

あなた「○○さんは、そう感じたことはないですか?」

(話が広がるかもしれないから、質問してみましょう)


相手 「あんまり意識したことないかなぁ」

(話が広がればその話にのれますが、広がらなければ話のネタへ)


あなた「あと20年で不老不死が実現できるそうですよ。うれしくないですか?私は夢が広がりますよ!」


この後、不老不死になったら、こんな人生を送りたいなどと、お互いの妄想トークで雑談を盛り上げてみてください。