雑談力のきいろわトップ > 雑談力をあげる話し方レッスン講座 > 共感を示す「喜怒哀楽」の話し方レッスン > 困り具合の深刻さに応じた共感の雑談集

困り具合の深刻さに応じた共感の雑談集

■困っている程度を見極めて、共感の言葉を使い分けよう


困った気持ちに共感して雑談力アップ

困っている相手に、会話で手を差し伸べるなら、上手に共感することです。雑談力が高い人は、相手の”困った”の深刻さに応じて、適切な共感の言葉を投げかけます。


雑談力を高めるための、いろいろな”困った”の会話例と、その会話例にうまく共感した話し方を紹介します。会話例を読むだけでも、あなたの使えるボキャブラリーは増えるはずです。必要な場面で、自然と言葉が出てくるように、意識して読んでいただければ、幸いです。


今回も、「困りましたね」という共感の言葉は使いません。それ以外のぴったりくる共感の言葉を見つけて、”困った”の深刻さに応じた会話で共感の気持ちを伝えましょう。


困った気持ちに共感した言葉の話し方例1
相手 「難しい問題ばかりで、テスト勉強がはかどりません」

あなた「てこずってますね」 ←「困りましたね」より共感を示すことができる


困った気持ちに共感した言葉の話し方例2
相手 「あらゆる方法を試しましたが、まったくうまくいきません」

あなた「お手上げですね」


困った気持ちに共感した言葉の話し方例3
相手 「見舞いに来てくれたのはいいんですけど、なかなか帰ってくれないんです」

あなた「ありがた迷惑ですね」


困った気持ちに共感した言葉の話し方例4
相手 「私から海外旅行に誘ったんです。でも、正直金銭的に苦しいんです」

あなた「引くに引けないんですね」


困った気持ちに共感した言葉の話し方例5
相手 「育児と家事の毎日で、もう倒れそうです」

あなた「ギブアップ寸前て感じですか」


困った気持ちに共感した言葉の話し方例6
相手 「彼のためを思ってしてあげてるのに、文句ばっかです」

あなた「やりきれませんね」


困った気持ちに共感した言葉の話し方例7
相手 「月末になると、資金繰りのことばがり考えてしまいます」

あなた「頭が痛いですね」


困った気持ちに共感した言葉の話し方例8
相手 「終電に乗り遅れてしまいました」

あなた「弱りましたね」

相手の困った気持ちにぴったりの共感を投げかけると、あなたが本気で心配していることが伝わります。逆に、同じような共感の言葉ばかり使っていては、あなたの本気さは伝わりません。困った気持ちに共感できるフレーズをたくさん身に付けて、気持ちを上手に伝えられる雑談上手を目指してください。

一緒に困ってあげよう。一人より二人のほうが心強い。