雑談力のきいろわトップ > うまい切り返し・気の利いた一言をマスターする > 相手を持ち上げる > 体型や身長を話題にした気の利いた一言

体型や身長を話題にした気の利いた一言

相手のスタイル・体つきに注目して、持ち上げる一言を

自分の身長や体型には、多くの人がコンプレックスを抱いています。平均的な身長の人でも、もっと背が高いことを望んでいたり、逆に背が高すぎることに引け目を感じている人もいます。華奢な体つきなのに、ダイエットしている人もいれば、骨太な体に憧れている人だっています。


たくさんの人が今の自分のスタイルに満足していません。気の利いた一言で「今のあなたはとっても魅力的だ」と伝えてあげましょう。


・背が低い人への気の利いた一言
会話例
あなた「小さいと絶対得だよね」← ほめるときは言い切ると説得力が出ます。
相手 「イヤミかよ」
あなた「そんなわけないじゃん。こないだ友達と話してて「小さいほうが可愛がられるし、やさしくされる」て話になったんだよ。それに比べて、大きいと高い所のもの取らされるし、なんか失敗すると「図体はでかいのに」なんて言われるんだぞ。散々だよ」

突然「背が低い方が得だ」といわれてもイヤミに聞こえます。そこで「こないだ友達と話してて~」と話し始めた理由を伝えます。実際はそんな話をしてなくても使えます。


一般的には背が低いより高いほうが異性にモテる印象があります。スタイルが良くてかっこいい人は、やはりある程度の身長があります。背が低い人には、背が高い人のデメリットを伝えることが気の利いた一言となります。コツは背が高いことのデメリットを数多く並べることです。デメリットが多いほど相手は「背が低くてよかった」と思ってくれます。


・身長が高い人への気の利いた一言
会話例
あなた「背が高いとそれだけでかっこいいよね」
相手 「そんことないよ」← 謙遜。
あなた「そんなことあるよ。スタイルいいし、頼りがい有りそうだもん。絶対得だよ」

相手をほめると、謙遜して否定することがあります。会話例の「そんなことないよ」もそうです。こんな場合、謙遜はそのままにせず「そんなことあるよ」と肯定し、そのあとにきちんと肯定の理由を述べれば、気の利いた一言になります。



・太った人への気の利いた一言
「温かみがあって安心するね」


・筋肉質な体の人への気の利いた一言
男性が男性に言う場合
「僕も男なんで、そういう体は憧れるなぁ」

女性が男性に言う場合
「やっぱり男の体はこうでなくちゃね」
「外見よりも中身だよ」と言われたら「それじゃあなおさら敵わないなぁ」と切り返す