雑談力のきいろわトップ > 人間関係をよくする会話術 > 相手を傷つけない話し方 > 悩み相談で使える聞き上手な会話術

悩み相談で使える聞き上手な会話術

人間関係をよくする話し方 - 悩み相談で使える聞き上手な会話術

仕事上の会話や雑談の延長で、悩み相談を受けることもあると思います。たとえば、「最近、憂鬱なんだよね」と相談されました。こんなときは第一声で、共感を伝えるオウム返しをするといいでしょう。「憂鬱なんですね」と気持ちに理解を示すことで、相手の心はホッやすらぐはずです。


より相手の悩みを和らげる話し方をしたいのなら、「現在形の悩み」を「過去形の悩み」に言い換える会話術があります。


悩み相談は過去形でオウム返しをする
あなた 「憂鬱なことがあったんですね← 「あったんですね」が過去形

相談者は今悩んでいるから相談しています。「今の悩み」は「過去のこと」であると相手に気付かせる話し方は解決の糸口になります。「過去形の話し方」は気持ちを切り替えるきっかけをつくることができます。


たとえば、次の悩み相談の会話例を読んでみてください。


悩み相談の会話例1(雑談シーン)
相手 「最近憂鬱で何もする気が起きないんだよなぁ。」
あなた「なんか元気ないもんね。なにかあったの?」← 現在形
相手 「友達とケンカしちゃって。」
あなた「それは心配だね。← 現在形

悩み相談の会話例2(ビジネスシーン)
部下 「はぁ・・・(ため息)」
あなた「田中(部下の名前)、最近売り上げ落ち込んでるな。← 現在形
部下「すいません。どうも不調です。」
あなた こんな調子じゃあすぐに後輩に抜かれるぞ!」← 現在形

悩み相談を現在形で受け入れると、相手を更に落ち込ませることになりかねません。会話例1だと、相手の「最近憂鬱で何もする気が起きないんだよなぁ。」という弱音に対する返事、「なんか元気ないもんね」が現在形です。相手の言ってることを「今まさに起こっていること」として認めた話し方になります。


相談者にとっては今も引きずっている悩みでしょうが、考えかた次第で気持ちを軽くすることができるとアドバイスを送る話し方にすると相手を傷つけません。憂鬱な出来事があったのは過去のことで、今現在、落ち込んでばかりではしょうがないよというメッセージをこめて「過去形」の話し方をするといいでしょう。


聞き上手な悩み相談の話し方
相手 「最近元気なかったよね。← 過去形


また過去形で話す会話術には、主観的な考え方を指摘し、悩みは解消できるものだと伝える効果もあります。
詳細は次のページへ
「聞き上手な悩み相談は、言い回しを工夫してオウム返しする」に続く→