雑談力のきいろわトップ > 人間関係をよくする会話術 > 相手を傷つけない話し方 > 答えようのない質問で責める話し方はしない

答えようのない質問で責める話し方はしない

人間関係をよくする会話術 - 答えようのない質問で責める話し方はしない

質問をすると、相手から答えを引き出すことができます。しかし、どう答えるのが正解なのか、答えようのない質問をしてしまう場合もあります。たとえば、仕事でミスした人を責めるとき「こんなミスしていいと思ってんのか?」と疑問形で終わるに話し方なることもあります。


この話し方では、話し手は答えを求めていません。ミスは悪いことに決まっていますから、当然「いいと思います」「悪いと思います」の返事に期待はしていません。


相手を責めるとき、たびたび耳にする会話ですが、答えようもない質問で責める話し方は、責められる側にとって大変苦痛です。質問には返事を返さなくてはなりませんが、その質問は、答えようのない内容です。しかし答えなければ、そのことでさらに怒られる。こういった相手を追い詰めた話し方をすると、いいコミュニケーションはとれず、人間関係を良好に築くことなどできません。


たとえば次の会話例を読んでみてください。


答えようのない質問で責める話し方1(雑談シーン)
相手 「500円貸してくれないかな?パチンコで大負けしちゃったんだ。」
あなた「こないだ給料もらったばっかりでしょ?」
相手 「それが、全部つぎ込んじゃったんだ。」
あなた「ホンキで言ってんの?いったい何考えてるの?
相手 「ゴメン・・・」

答えようのない質問で責める話し方2(ビジネスシーン)
あなた「おい!さっきA社にFAXした見積もり、B社に送るものだろ!」
相手 「すいません!」
あなたいったいどうしてくれるんだ?
相手 「すいませんでした。」
あなた「こんな初歩的なミスやらかすなんて、どういうつもりなんだ?
相手 「すいませんでした。」
あなた『すいません』しか言えないのか?
相手 「いえ!そのー・・・」

会話例みたいな答えようのない質問で責められると、責められる側は「ごめん」「すいません」と答えるか無言かのどちらかになります。多くの人は無意識のうちに、答えようのない質問で責める話し方をします。相手のミスにあきれて理解できないとき、つい尋ねたくなるのです。



誰しもがやってしまいがちですが、相手からの反発を招く話し方です。
ではどうすればいいか?
「質問形式で責めないのが、正しい怒り方」に続く→