雑談力のきいろわトップ > 人間関係をよくする会話術 > 相手を傷つけない話し方 > 相手の気持ちを断定する話し方は、心を傷つける

相手の気持ちを断定する話し方は、心を傷つける

人間関係をよくする会話術 - 相手の気持ちを断定する話し方は、心を傷つける

人は、自分の非を責められたときは「ごめんなさい」「すいません」などの言葉を口にして反省した気持ちを表します。しかし、実際の心の中では「早く終わらないかなー」「うるさい人だなー」とまったく反省してないこともあるでしょう。


そして叱っている人は、相手の表情やしぐさから「こいつ全然反省してないな」と感じるときもあります。すると、つい「おまえ全然反省してないな!」と相手の気持ちを断定した話し方をしてしまいがちです。


でも、その指摘が当たっていたとしても、相手は絶対に「バレましたか」とは言いません。「いいえ、反省してます」と否定の言葉を口にするでしょう。さらにあなたが「いや、お前は絶対反省してない」と追い討ちをかけても否定はくつがえりません。会話は平行線をたどるだけです。


こういった、相手の気持ちを断定する話し方は、時間を無駄にするだけでなく、相手をとても傷つけます。


次の会話例を読んでみてください。


相手の気持ちを断定する話し方1(雑談シーン)
あなた「ねえ、このDVD借りてっていい?」
相手 「え!?あ、ああ!」
あなた「なに、その言い方!嫌ならはっきり嫌って言えばいいじゃん。
相手 「別にイヤじゃないよ。どうぞ!」
あなた「うそ、貸したら返ってこないとか思ってるんでしょ!?
相手 「思ってないって!」

相手の気持ちを断定する話し方2(ビジネスシーン)
あなた「机の上をきれいにしろよ。だからいつも大事な書類がどこにあるか分からなくなるんだよ!」
相手 「しますよ。今から片付けるつもりだったんです。」
あなた嘘つけ!俺が言わなきゃ絶対しないだろ!!
相手 「するつもりだったんですって!勝手に決め付けないでください!!!」
あなた痛いところつかれたからって大声出すなよ!!!」

こんな話し方をしていては、いい人間関係は築けません。相手の気持ちを断定した話し方をすると、相手は次の2パターンのいずれかの感情を抱くことになります。



2パターンの感情と傷つけない話し方は次のページへ
「相手の気持ちを決めつけた会話は、人間関係を悪化させる」に続く→