雑談力のきいろわトップ > 人間関係をよくする会話術 > 相手を傷つけない話し方 > 会話のとげ抜き3 「女だから」「B型だから」はよけい傷つく

会話のとげ抜き3 「女だから」「B型だから」はよけい傷つく

人間関係をよくする会話術 - 会話のとげ抜き3 「女だから」「B型だから」はよけい傷つく

たとえば相手のそそっかしさを指摘するとき「だから女はそそっかしくて困る」「だからB型はそそっかしくて困る」という話し方をしたことはないでしょうか?このように本人をストレートに指摘せず、相手が属するグループを指摘する話し方は相手を余計に傷つけます。


指摘した側からすれば、本人を直接指摘しない分、やわらかい表現で相手に伝えたつもりかもしれません。しかし実際は、指摘する側が話しやすいで、指摘される側はストレートに話されるより傷つきます。


たとえば次のような会話です。


とげ(AB型を非難)のある会話例1(雑談シーン)
あなた「ねえ、まだ決まらないの?さっきもこの店見たでしょ。」
相手 「う~んさっきの服もかわいいし、こっちの服も捨てがたいんだよね。」
あなた「早く決めてよ!」
相手 「もう5分だけ待って。もう一回見てくる。」
あなたAB型ってホント優柔不断だよね。」 ←相手の血液型を非難

とげ(女であることを非難)のある会話例2(ビジネスシーン)
あなた「書類持ってきたか?」
相手 「あ!すみません、忘れました。会議に間に合うようにすぐ取ってきます。」
あなた「あれほど忘れんなって言っただろ!だから、女に責任のある仕事は任せられないんだよ!!」 ←相手の性別を非難

会話例の他にも「男の癖に」「最近の若者は」「長男だから」「田舎もんだから」「高卒だから」など、ストレートに本人を指摘せず、相手が属するグループを指摘する話し方はまだまだたくさんあります。


こういう話し方で指摘を受けた人が、よけいに傷つく理由は、反論しづらいからです。もし「あなたって人の言ったこと聞いてないよね」と言われ、それが間違いなら「私はちゃんと聞いてる」と反論できます。しかし、あなたが女性だとして「女って人の言ったこと聞いてないよね」と言われたら「女の人はちゃんと聞いてる」とは反論しづらいでしょう。


相手が属するグループを指摘する話し方は、言い返せない、ずるい話し方なのです。



ではどうすればいいか?
「反論しやすい適切な指摘で、いい人間関係は作られる」に続く→