雑談力のきいろわトップ > 人間関係をよくする会話術 > 人間関係を円滑にする話し方の会話術 > 一度だけのお礼では、相手は満足しない(感謝の伝え方)

一度だけのお礼では、相手は満足しない(感謝の伝え方)

人間関係をよくする会話術 - 一度だけのお礼では、相手は満足しない(感謝の伝え方)

自分のために何かをしてくれる人がいたらお礼を言います。誰でもやっていることです。では、ひとつの物事にあなたは何度お礼を言うでしょうか?

お礼を一度言っただけでは、たいていの人は満足しません。一度お礼を言って、そのあと感謝の言葉が何もないとたいていの人は不満をいだきます。


お礼が一度のみの不満が残る話し方例1(雑談シーン)
相手 「こないだ話してたコンサートのチケット取ってあげたよ。」
あなた「え~ホントですか!?」
相手 「ファンクラブ入ってるから、なかなかいい席取れたよ。私は行けないけど、楽しんできてね。」
あなた「ありがとうございます。すごい楽しみです!」← お礼を告げる
   ----- 後日 -----
相手 「こないだのコンサートどうだった?」
あなた「すごく良かったです。また今度もよろしくお願いします。」← お礼がない
相手 「え、ああ・・・・(もうしてやるもんか!)← 最初のお礼だけでは満足できなかった

お礼が一度のみの不満が残る話し方例2(ビジネスシーン)
相手 「俺が口利きしておいてやった取引先の契約とれたか?」
あなた「ありがとうございます。契約いただけました。○○先輩のおかげです。」← お礼を告げる
相手 「たいしたことしてないよ。良かったな。」
   ----- 後日 -----
相手 「久しぶりだな。あの後あそこの会社とはうまくいってるか?」
あなた「はい、うまくやっております。先輩のほうはお仕事順調ですか?」← お礼がない
相手 「あ、ああ。まあ順調だな・・・(こいつお礼も言えないのか!)← 最初のお礼だけでは満足できなかった

どんな人も「人に親切にしたら、感謝されたい」と感じます。相手からの感謝の気持ちを十分に感じたとき「ああ、親切にしてよかったな」と思います。しかし通常、普通のお礼を一度言われただけでは十分な感謝は伝わりません。十分に感謝の気持ちを伝えるには2つのお礼の告げ方が考えられます。


ひとつは大げさなくらい派手にお礼を言うことです。次のような話し方です。


オーバーなくらい感謝した会話例
話し方例1「すっごい感謝してます!本当に、本当にありがとうございました!!!」
話し方例2「〇〇さんが助けてくれたおかげでめちゃくちゃ助かったよ!ほんっとうにありがとう。この恩は一生忘れないから!!」

大げさなくらい派手にお礼をいう話し方も結構有効です。「こんなに感謝してくるんなら、助けてあげてよかったな」と相手も感じるでしょう。しかし、やり方によっては嘘っぽく聞こえて逆効果な場合もあります。


そこでオススメしたいのが「お礼を二度言う」会話術です。お礼は2度に分けて話すことで十分な感謝が伝わります。



くわしくは次のページへ
「お礼は2回伝えると気持ちが伝わる(感謝の伝え方)」に続く→