雑談力のきいろわトップ > 人間関係をよくする会話術 > 人間関係を円滑にする話し方の会話術 > 人間関係を円滑に保つ上手な断り方

人間関係を円滑に保つ上手な断り方

人間関係をよくする会話術 - 人間関係を円滑に保つ上手な断り方

前ページからの続きです)

相手の依頼を角が立たないように上手に断るにはどうすればいいのでしょうか?相手の立場になって考えると上手な話し方が見えてきます。断られた相手が苛立ちを覚えるのは次のようなときです。


相手をいらだたせる下手な断り方の特徴
1.無理なのか引き受けてくれるのかはっきりしない
2.断られた理由がわからない
3.申し訳ない気持ちが伝わってこない
4.問題解決の出口が見えない

以上の4つのポイントがひとつでも当てはまる断り方をすれば、人間関係の摩擦がおきやすくなります。逆にいれば、4つのポイントすべてを上手にクリアする断り方が、上手な断り方になります。

相手が納得する上手な断り方の特徴
1.無理ならはっきり断る
2.納得いく理由を説明する
3.謝る
4.別の提案をする

この4つポイントを抑えて、前ページの会話例を言い換えると次のようになります。


・いい人間関係が築けるように会話例1を変換
人間関係がこじれる下手な断り方(話し方)例1(雑談シーン)
相手 「ねえ、明日一緒い買い物行かない?」
あなた「え、明日!?(明日は溜まったビデオゆっくり見たいんだよなぁ・・・) ←断りの理由を話さない
相手 「別に予定ないでしょ?」
あなた「えーっと、予定がないといっちゃないんだけど・・・う~ん、ちょっとねえ。」 ←はっきりしない。謝りがない。提案がない。
相手 「なに、予定がないのに断るの!?どういうこと!!」

↓↓↓人間関係が円滑になる会話例に変換↓↓↓


人間関係を円滑に保つ上手な断り方(話し方)例1(雑談シーン)
相手 「ねえ、明日一緒い買い物行かない?」
あなた「ごめん、明日ちょっと遠慮するね。どうしても見たいビデオが溜まってて。」 ←謝まって、はっきり断り、断りの理由を話す
相手 「ビデオくらいいつでも見れるでしょ?」
あなた「休みの日にゆっくり見たいんだ、ホントゴメンね。」
相手 「え~」
あなた「来週行こ!おいしいお店も探しとくからさ!!」 ←別の提案。埋め合わせ(お店を探しておく)もあり、より良い
相手 「わかった、じゃあお店探しもよろしくね!」



・いい人間関係が築けるように会話例2を変換
人間関係がこじれる下手な断り方(話し方)例2(ビジネスシーン)
相手 「悪いけど今日、少し残業できるかな?」
あなた「え、今日ですか!?えーっと、あ、少しなら。」 ←はっきりしない
相手 「じゃあ今日中に倉庫の整理を終わらせてくれ。」
あなた「え!今日中ですか。実は今日予定があって・・・やっぱり無理です。」 ←理由を示さない。謝りがない。別の提案がない。
相手 「は!?さっきいいって言ったよね!?」

↓↓↓人間関係が円滑になる会話例に変換↓↓↓


人間関係を円滑に保つ上手な断り方(話し方)例2(ビジネスシーン)
相手 「悪いけど今日、少し残業できるかな?」
あなた「すいません、今日は無理なんです。取引先の部長に食事に誘われてまして・・・」 ←謝まって、はっきり断り、断りの理由を話す
相手 「そうか、困ったなあ。倉庫の整理が終わらないと明日の納品ができないんだよな。」
あなた「納品は午後でしたよね。だったら明日の午前中にうちの班のみんなで片付けるようにします。」 ←別の提案。
相手 「おお、そうか。そうしてくれると助かるよ。」

上手に断るために気をつけてほしいのは、謝りすぎないことです。依頼を断ること自体は、自分の非ではありませんが、謝ることは必須です。相手に「力になりたいけどなれない」いう共感の気持ちを伝えるためです。だからといって謝りすぎると、逆に依頼した側が「そんなに悪いことしたかな」と傷つきます。また人によっては「この人押せば何とかなるかも」と思うでしょう。一度「すいません。できません」といえば十分です。


また、難しいのが別の提案です。別の提案が思いつかないときは一緒に考えてあげると角が立ちません。「ごめんなさい、残業は無理なんです。う~ん、どうしましょうか?困りましたね」というように。直接問題解決には結びつきませんが、親身に相手を想うやさしさは伝わります。人間関係がこじれることはないでしょう。


4つのポイントを抑えて上手に断ったつもりでも、気分を害する人はいます。そんな人を避けることができないのも現実です。もし、何を言っても機嫌を損ねる人がいるなら、なるべく近寄らないようにするのもひとつの手です。



【上手な断り方の関連記事】
上手に使い分けよう。断りにくい相手には、回答を一旦保留にすることも大切です。(ビジネス会話のきいろわビズ)
人間関係を壊さず、やんわり断る話し方「すぐには返答できませんが、お話は承りました」