雑談力のきいろわトップ > 人間関係をよくする会話術 > 人間関係を円滑にする話し方の会話術 > 名前を呼ぶといい人間関係が築ける

名前を呼ぶといい人間関係が築ける

人間関係をよくする会話術 - 名前を呼ぶといい人間関係が築ける

前ページからの続きです)

相手の名前を呼ばなくても、問題なく会話が成立する場面はたくさんあります。たとえば、2人だけで雑談していたり、話の流れで誰を指しているのか分かる場合などです。頻繁に顔を合わす親友ほど名前を読んでないなんてこともあるかもしれません。

人は名前を呼んでもらいたい欲求を持っています。何度も会っているのに一度も名前を呼んでもらえないと傷つきます。適度に名前をちりばめて会話をすることは、いい人間関係を築くに必須の会話術です。とくに何かお願い事するときは、必ず相手の名前を呼んで依頼しましょう。


前ページの会話例を名前を呼ぶ話し方に変えると次のようになります。


・いい人間関係が築けるように会話例1を変換
名前を呼ばずにお願い事をした話し方例1(雑談シーン)
あなた「ねえ、アレとって!」 ←相手の名前を呼ばない上、モノの名前も呼んでません
相手 「ん、コレ?はい。」
あなた「ちがう。アレだって。」
相手 「コレか。」
あなた「ねえ、アレとって!」
相手 「ちがう。アレ!」

↓↓↓人間関係が円滑になる会話例に変換↓↓↓


名前を呼んでお願い事をした話し方例1(雑談シーン)
あなた「リカさん、お醤油とって!」
相手 「お醤油ね、はい。」 ←モノの名前を呼べば間違えることもありません



・いい人間関係が築けるように会話例2を変換
名前を呼ばずにお願い事をした話し方例2(ビジネスシーン)
あなたきみ、会議までのこの書類を30部コピーしておいてくれないか」 ←「きみ」は名前ではありません

↓↓↓人間関係が円滑になる会話例に変換↓↓↓


名前を呼んでお願い事をした話し方例2(ビジネスシーン)
あなた田中くん、会議までのこの書類を30部コピーしておいてくれないか」 ←目上の人ほど名前を呼んだほうが、部下はうれしいものです

長年連れ添った夫婦のような関係になると、今さら名前を呼ぶなんてと思ってしまうかもしれません。しかしそんな間柄だからこそ名前を呼んで欲しいと私は思います。名前を呼ぶ話し方は、相手に安心や信頼を与えることができます。「あなたをないがしろにしていない」「あなたに関心を持っている」「誰でもいいわけではない、あなたが必要」といった気持ちが伝わります。


どんな気に知れた間柄になっても、めんどくさがらずに名前を呼ぶ会話術を実行してください。いい人間関係はそこから始まります。