雑談力のきいろわトップ > 人間関係をよくする会話術 > 人間関係を円滑にする話し方の会話術 > お願い事は名前を呼んで依頼する

お願い事は名前を呼んで依頼する

人間関係をよくする会話術 - お願い事は名前を呼んで依頼する

いい人間関係は会話することから生まれます。これまで相手を傷つけず、自分が傷つかない話し方の会話術を紹介しました。次は積極的にいい人間関係を築く会話術について解説していきます。

これまでの傷つけず傷つかない話し方では「会話中にこれをしてはいけない」というルールが多くありました。「言葉の裏を読みすぎない」「ほめるために他をけなさない」などです。今回は、円滑な人間関係を構築するために「会話中にこれをしたらいい」をいくつか紹介します。


一番最初の「会話中にこれをしたらいい」は「お願い事は名前を呼んで依頼する」です。名前を呼ぶ会話術は、雑談を盛り上げる方法として別のページでも取り上げています。


こちら↓
「名前を呼ばれると親しみがわいて会話が弾む」


話し相手の名前を呼ぶ行為は、最も基本的な会話術で、人間関係を円滑にする上でもはずすことができないので、改めてここで紹介します。


名前を呼ばずにお願い事をした話し方例1(雑談シーン)
あなた「ねえ、アレとって!」 ←相手の名前を呼ばない上、モノの名前も呼んでません
相手 「ん、コレ?はい。」
あなた「ちがう。アレだって。」
相手 「コレか。」
あなた「ねえ、アレとって!」
相手 「ちがう。アレ!」

名前を呼ばずにお願い事をした話し方例2(ビジネスシーン)
あなたきみ、会議までのこの書類を30部コピーしておいてくれないか」 ←「きみ」は名前ではありません

名前を省略する話し方はみなさんよくやると思います。仕事上でもプライベートでも心当たりがある人がほとんどではないでしょうか?そして名前を省略する相手は、仕事上であれば部下や親しい同僚、プライベートであれば家族や仲のいい友達などが多いと思います。上司や親交の浅い相手と話すときは、きちんと名前を呼ぶことのほうが多いでしょう。


気を許すことのできない相手ほど名前を呼ぶということは、やはり名前を省略する話し方は失礼な行為なのです。その失礼な話し方をした上でお願い事を依頼するなんてもってのほかです。相手が気持ちよく動けるはずがありません。


名前を省略した話し方はくだけた物の言い方です。できるだけ省略せずにきちんと伝えたほうが親切です。円滑な人間関係を築くには、はずせない話し方です。



次のページへ続く。
「名前を呼ぶといい人間関係が築ける」に続く→