雑談力のきいろわトップ > 人間関係をよくする会話術 > 人間関係を円滑にする話し方の会話術

人間関係を円滑にする話し方の会話術

  1. お願い事は名前を呼んで依頼する
    名前を省略する話し方はみなさんよくやると思います。しかし、名前を省略する話し方は失礼な行為なのです。その失礼な話し方をした上でお願い事を依頼するなんてもってのほかです。相手が気持ちよく動けるはずがありません。
  2. 名前を呼ぶといい人間関係が築ける(続き)
    人は名前を呼んでもらいたい欲求を持っています。何度も会っているのに一度も名前を呼んでもらえないと傷つきます。適度に名前をちりばめて会話をすることは、いい人間関係を築くに必須の会話術です。
  3. 持ち物をほめたら、その流れで相手をほめる(上手なほめ方)
    雑談でもビジネス上の会話中でも、ほめるチャンスがあればどんどんほめてみましょう。でも不十分なほめ方だと、相手は心から喜べません。ありがちな間違ったほめ方は、相手の持ち物だけをほめて、相手をほめないことです。
  4. ほめ上手はほめられたい場所を的確にほめる(上手なほめ方)
    内面をほめて欲しい人に外見をほめても「内面はどうなの?」と思うでしょうし、外見をほめて欲しい人に内面をほめても「外見はダメってこと?」と思うかもしれません。ほめられたい場所をほめないとがっかりさせることになりかねません。
  5. 人間関係がこじれる下手な断り方
    相手の依頼を断ると、断られた本人は気持ちよくありません。断ったことが原因で人間関係がギスギスすることもあります。断ること自体をやめれば、相手との関係に問題を生じないかもしれませんが、それは無理な話です。
  6. 人間関係を円滑に保つ上手な断り方(続き)
    相手の依頼を角が立たないように上手に断るにはどうすればいいのでしょうか?相手の立場になって考えると上手な話し方が見えてきます。断られた相手が苛立ちを覚える4つのポイントを紹介します。
  7. 一度だけのお礼では、相手は満足しない(感謝の伝え方)
    どんな人も「人に親切にしたら、感謝されたい」と感じます。相手からの感謝の気持ちを十分に感じたとき「ああ、親切にしてよかったな」と思います。しかし、普通のお礼を一度言われただけでは、十分な感謝は伝わりません。
  8. お礼は2回伝えると気持ちが伝わる(感謝の伝え方)(続き)
    親切にされた側が相手に感謝するのは、親切にされた瞬間がピークでその後だんだんと感謝の気持ちが薄れます。逆に親切にした側は、時間の経過とともに「こんなに親切にしてあげた」という気持ちが強くなっていきます。

人間関係をよくする会話術 その他のカテゴリ