雑談力のきいろわトップ > 人間関係をよくする会話術 > 傷つけない・人間関係をよくする話し方の会話術 - はじめに

傷つけない・人間関係をよくする話し方の会話術 - はじめに

人間関係をよくする会話術 - 傷つけない話し方の会話術

あなたは雑談中に、人から傷つけられたことがありますか?
また、相手を傷つけてしまったと感じたことはありませんか?


言葉はとても怖いものです。なぜなら、あなたが一度口にした言葉は、もう取り消すことができないからです。誰かと雑談をしたり、ビジネスの話をしてるとき、誤って相手を傷つける言葉を発してしまったら・・・。その瞬間「いけない!」と思っても中に、すでに手遅れ。誤解を解こうと言い訳したり謝っても、傷ついた相手の心を完全に癒すことはできません。


雑談力のきいろわで以前アンケートをとったことがあります。およそ1万人のかたに回答を頂き、「雑談で相手に傷つけられたことがある」と答えた人は、91%。逆に「雑談で相手を傷つけてしまったことがある」と答えた人は、82%にも上りました。楽しいはずの雑談で、多くの人が互いに傷つけあっていました。


そこで今回、雑談力のきいろわでは「傷つけない・人間関係をよくする話し方の会話術」を特集します。楽しい雑談をするには、話題が豊富であったり、面白い話のネタで笑いをとることも大事です。しかし、そんな会話の最中に相手を傷つけてしまっては何の意味もありません。「この人と話したい」と思われる人は、大前提として「心地いい会話ができる人」です。


相手を傷つけない思いやりの雑談をすれば、心地いい時間を過ごせます。あなたがそんな会話術を身に付ければ、あなたの周りには、自然と雑談をしてくる人が増え、いつの間にか会話力も上達していきます。


逆に、相手を傷つけた会話ばかりしていると、あなたと雑談したいと思う人は減り、いい人間関係も築けなくなります。「会話で傷つける人」と「会話が心地いい人」では、雲泥の差です。そして、時間がたつほど、その差はますます大きくなります。


恋人を作る、そして恋人とうまくやっていく。友達を作る、そしてかけがえのない関係に発展させる。職場の人間関係を円滑にする、そして出世につなげる。いい人間関係を築くすべての基本となる「傷つけない話し方の会話術」を身に付け、心優しいコミュニケーションができる人になってもらいたいと思います。



相手を傷つけない話し方

自分が傷つかない話し方