雑談力のきいろわトップ > 人間関係をよくする会話術 > 自分が傷つかない話し方 > オウム返しの効用 - いらいらさせない話し方

オウム返しの効用 - いらいらさせない話し方

人間関係をよくする会話術 - オウム返しの効用 - いらいらさせない話し方

雑談でもビジネスでも、会話中のふとした相手の言葉に傷つけられた経験を持つ人はたくさんいます。たいていの場合、相手は特に悪気もなく、さらっと傷つく言葉を口にします。

相手が傷つく言葉を投げかけるのは、いくつかの理由が考えられます。次の会話例をお読みください。


いらいらさせる話し方の会話例1(雑談シーン)
相手 「昨日サッカー見た?」
あなた「見てないよ」
相手 「すごかったんだぜ、まさに奇跡の勝利だよ」
あなた「へー」
相手 (話にノってこないあなたにイライラ!)

いらいらさせる話し方の会話例2(ビジネスシーン)
相手 「こないだ依頼したカタログまだ届かないんですけど。」
あなた「きとんとその日のうちに送りましたが。」
相手 「でも、届いてないんです。住所あってますか。」
あなた「はい、きちんとそちらの住所に送りました。もう少し待てば届くんじゃないでしょうか?」
相手 「もう2週間ですよ!届いてなきゃおかしいでしょ!!(怒)」

会話中に相手をいらいらさせると、口調は強くなりがちです。相手がいらだつ原因の多くは、自分の会話内容があなたに伝わってないと思うからです。仮にあなたが、きちんと相手の話を理解していたとしても、それを態度で示さなければ、相手は理解されてないと感じます。そして、語気を強め、言葉遣いを荒くした話し方になり、必死に伝えようとします。そして、その強い言葉をまともに受けたあなたの心は傷つきます。


あなたが相手の言葉に責められなくするには、相手に「十分伝わってる」と感じさせる聞き方をすることです。そこで有効な会話術が「オウム返し」です。相手の言ったことを単純に繰り返すだけの会話術ですが、相手の気持ちを満足させるには、効果絶大です。



ではどうすればいいか?
「オウム返しで真剣さを伝えると、人間関係が良くなる」に続く→