雑談力のきいろわトップ > 人間関係をよくする会話術 > 自分が傷つかない話し方

自分が傷つかない話し方

  1. オウム返しの効用 - いらいらさせない話し方
    雑談でもビジネスでも、会話中のふとした相手の言葉に傷つけられた経験を持つ人はたくさんいます。たいていの場合、相手は特に悪気もなく、さらっと傷つく言葉を口にします。相手が傷つける言葉を投げかけるには、いくつかの理由が考えられます。
  2. オウム返しで真剣さを伝えると、人間関係が良くなる(続き)
    オウム返しを心がけた会話することは、傷つかない会話をすることです。意識していないと忘れてしまうこともありますが、いい人間関係を築くのにも、もっとも簡単で有効な会話術なのです。
  3. ネガティブ発言する人といい人間関係を築くオウム返しの話し方
    相手の言った言葉をオウム返しして会話をすると、真剣に聞いている態度が伝わり、信頼関係が築けます。しかし、相手のネガティブな話を、そのままの言葉で繰り返す話し方は、気持ちをよりネガティブな方向に前進させてしまいます。
  4. やわらかい表現に言い換えて繰り返す(傷つかない話し方)(続き)
    ネガティブ発言を繰り返す人に対して、工夫のないオウム返しの話し方だと、自分自身の心もネガティブになり傷ついてしまいます。ですから、ネガティブ発言は、やわらかい表現に言い換えて繰り返すといいでしょう。
  5. 不快な情報を伝えると、あなた自身も嫌われる
    相手のためと思って伝えたことでも、それが相手にとって不快な内容だと伝えた本人が恨まれる恐れがあります。たとえば、「誰かが言っていた相手の悪口」を親切心で教えてあげても、あなた自身に敵意をを抱くかもしれません。
  6. 不快な情報は心配させない話し方で伝えると、人間関係が良くなる(続き)
    相手のためを思って伝えた話題でも、それが不快な気持ちにさせる内容なら、相手は傷つきます。不快な情報を伝える話し方の中でも「あの人がこう言ってた」という話し方は絶対にやめたほうが話し手、聞き手それぞれのためです。
  7. 言葉の裏を読みすぎると、たいてい悪く考える
    人付き合いを重ね、ある程度の年齢になると、相手の言葉の裏にどんなメッセージがこめられているのか少しづつわかるようになります。人はなかなかストレートなメッセージは投げかけてこないのだと知るのです。
  8. 相手の好意的な言葉は、素直に受け止めると人間関係がうまくいく(続き)
    物事は、疑おうと思えばどうな風にも疑うことができてしまいます。相手の言葉を素直に受け止めることができないと、結果的に自分自身が傷つき、人間関係もうまくいかなくなってしまいます。過度な裏読みはばかげてきます。非常にもったいないことです。

人間関係をよくする会話術 その他のカテゴリ