雑談力のきいろわトップ > 面白い話のネタの作り方・話し方 > 失敗から学ぶ、面白い話のネタの話し方

失敗から学ぶ、面白い話のネタの話し方

  1. 面白くない話し方を知って、面白く話す
    面白い話のネタのはずなのに、なぜかウケない。そんな壁にぶち当たったなら自分の話し方を客観的に分析してみてください。ウケない理由が分かれば、それを改善して爆笑トークを披露できるようになります。
  2. 面白くない話し方例1 緊張して話のネタがスムーズに話せない
    普段から話しなれていない人がいきなり面白く話そうとしてもなかなかうまくいきません。話す言葉がスムーズに出てこないのであれば話す場数を増やしたり、イメージトレーニングで上手に話せる練習をしましょう。
  3. 面白くない話し方例2 笑いながら話してしまう
    いくら面白い話のネタであってもあなたが笑いながら話してしまっては話の内容を聞き手に伝わりません。爆笑トークを成立させるには、聞き手が話のネタに引き込まれるよう真顔で話すことです。
  4. 面白くない話し方例3 面白さを期待させすぎる
    面白い話のネタであると期待させすぎてしまうと、よっぽどの面白い話のネタでないとウケません。普通レベルの面白い話を爆笑トークにするためには、面白い話のネタであると期待させないことです。
  5. 面白くない話し方例4 話のネタに自信がなく、つまらない雰囲気を作ってしまう
    爆笑トークにするためには、話している最中のあなたの気持ちが大事です。話し方に自信を持って最後まで堂々と話し切ればきっと笑いを起こせるはずです。

爆笑トークを作って話すためのその他のカテゴリ