雑談力のきいろわトップ > 面白い話のネタの作り方・話し方 > 面白い話のネタを作る > STEP1 話したい話のネタの大まかな流れを作る

STEP1 
話したい話のネタの大まかな流れを作る

面白い話のネタを組み立てよう

面白い話のネタを作るため、一番最初に話のネタの骨格を組み立たてます。大まかな話の流れを作ることのです。大まかな流れを作るときも、話のネタのイメージが伝わりやすいように、できるだけ詳しく伝える必要があります。

話のネタの全体像を伝えるときには5W1Hを意識して組み立てると簡単にでき、必要な情報を伝え忘れてしまうミスも防げます。
5W1Hについてはこちらでも触れています
雑談力のきいろわ「聞き上手な質問方法。気持ちを聞いて話を広げる」

(相手の話の全体像を把握するために、5W1Hを使用しています)


具体例を5W1Hに分けて説明すると、


When(いつ)
「昨日」ではなくて、「昨日の夕方六時くらい」
「こないだ」ではなくて、「先週の土曜日」
「小学生のころ」ではなくて、「小学六年生の終わりくらいのときに」

Where(どこで)
「前住んでた家で」ではなくて、「前住んでた2階建てのアパートで」
「プールで」ではなくて、「遊園地に隣接した大きなプールがあるんだけど、そこで」

Who(誰が)
「友達が」ではなくて、「高校時代からの友人が」
「20代くらいの女の人が」ではなくて、「20代くらいでOL風の小柄な女の人が」

What(何を)Why(なぜ) How(どのように~どうした)
(最後は3つまとめた方が伝えやすいのでまとめます)
「お弁当が安くなっていたので、おなかが減ってないのに買ってしまった」
ではなくて、
「とってもおいしそうなハンバーグ弁当が、半額になっていたので、さっき牛丼の大盛りを食べておなかが減ってないにもかかわらず買ってしまった」

「夜中に面白そうな映画がやっていると夜更かしをしてします」
ではなくて、
「夜中にたまたま大好きなホラー映画がやっていると、明日仕事だから、いけないと思いつつも、ついつい朝の4時くらいまで夜更かしをすることがよくあります」


面白い話のネタを作るとき、最初に気をつけるべきことは、聞き手に話のネタのイメージがしやすいように話を伝えることです。聞き手の気持ちになって、聞き手はどのような情報を伝えればイメージが沸くのかを考えながら、5W1Hに沿って話のネタを作ってみてください。

必要な情報はできるだけ詳しく伝えて、話のネタをイメージさせよう。