雑談力のきいろわトップ > 面白い話のネタの作り方・話し方 > もっと面白く伝える会話術、話し方のコツ > 話のネタをさらに面白く伝える会話術

話のネタをさらに面白く伝える会話術

会話術で話のネタをさらに磨こう

面白い話のネタを無難に話すことができるようになったなら、ぜひ身に着けて欲しい会話術が幾つかあります。

面白い話のネタはいくら話の内容が面白くても、話し方次第でクスリとも笑えない死んだ話になってしまうという事はこれまでにお伝えしました。逆に面白く伝える話し方のコツを磨き上げれば5倍にも10倍にも面白くなります。

「失敗から学ぶ、面白い話のネタの話し方」では相手に話のネタのイメージがしやすいように明確に話の内容を伝えるためのルールをお伝えしました。お伝えしたルールで自分のものにできた「面白い話のネタの話し方」は、これからお伝えするより面白く伝える会話術を使うことで「腹がちぎれそうなほど大笑いできる面白い話のネタ」に変化させることもできます。

面白く伝える会話術を使って話せば、あなたの話のネタはより磨きがかかり面白さが増すのです。あなたでなければ伝えることのできない個性的な話のネタでより確実に大爆笑を起こしてみてください。



さらに面白く伝えるための会話術 目次

1.面白く伝える話し方のコツ - 擬音語、擬態語でイメージを伝える

2.面白く伝える話し方のコツ - うまく例えて面白さを付加する

3.面白く伝える会話術 - セリフを演じて臨場感を出す

4.面白く伝える会話術 - 身振り手振りのジェスチャーと表情で面白く話す