雑談力のきいろわトップ > 「雑談力のきいろわ」のコラム > 人になめられない雑談の内容(方法)を考える

人になめられない雑談の内容(方法)を考える

人になめられない雑談の方法を考える

人は、相手が語る話の内容によって、その人物の器を計ろうとします。芸能人のゴシップやワイドショーが好みそうな話題しか話さない人は、話の内容で尊敬されることはないでしょう。


たとえば次の、AとBの会話を見てください。


 A 「昨日のドラマ見た?」
 B 「見た見た、主役の女の子ってスタイルいいよね!」

こんな雑談で盛り上がれば、当事者の二人は楽しい時間を過ごせるでしょう。しかし、第三者がこの会話を聞いたら、話している二人がどんなに優れた人間であったとしても、それは伝わりません。人によっては、こんな話題ばかり話す人をなめてかかります。俗っぽい話しかしない人は、底の浅い詰まらない人間だと思われる危険があるのです。


心理学者の実験によると、話し手が「戦争」の話をすると、聞き手はその話し手を「男性的」と評価するそうです。同じ話し手でも「介護」の話をすると、聞き手はその話し手を「女性的」と評価します。話す内容が違うだけで、他人からの評価は180度変わってくるのです。


かつて雑談でなめられない方法を、考えたことがあります。どんな話なら相手を唸らす雑談ができるのか、哲学的で高尚な話をせずに、バカにする人間からバカにされない方法はないのかと、試行錯誤しました。


その結果、一つの方法を見つけました。それは、くだらない雑談の中にも、抽象的な議論を持ち込むことです。たとえばテレビの話題を話すときも、そこから日本人観や人生観を展開します。


「ドラマで演じてるあの役ってさ、謙虚だよね。昔の日本人は控えめだったていうけど、時代背景とピッタリだよね」

話し上手な人は、相手の出方に応じて、話のレベルを変えていきます。「女性の胸とおしりどっちが好きか?」という話題であっても、聞き手が、話の内容で人を軽く見る人なら、いつの間にか美人論や芸術論を展開します。そうすることで、一目置かせるのです。


私自身はバカなことばかり雑談したい人間なので、議論はあまり好みません。しかし、人からなめられると損をすることばかりです。いじめられたり、いい仕事が回ってこなかったり、扱いが雑になったりと、いい事ナシなので、人をバカにする傾向のある相手には、しっかりけん制しておいたほうがいいでしょう。


なお、抽象的な議論を展開するには、ある程度の教養が必要になってくるので、読書などで見聞を広めてください。