雑談力のきいろわトップ > ボケる・ツッこむ会話術 > 雑談でツッこむ会話術 > 相手の気持ちを代弁するツッコミ会話術(つっこみのパターン3)

相手の気持ちを代弁するツッコミ会話術(つっこみのパターン3)

つっこみのパターン3

ツっこみのパターン3つ目は、相手の気持ちの代弁です。


会話の中で、相手が思っていることを勝手に想像して言葉にします。といっても、相手の気持ちなんてそうそう分かるはずありません。ここでは、気持ちが合ってるか間違っているかは、問題ありません。あなたの発言で、相手の気持ちを揺さぶることができれば、それでOKです。


・気持ちを代弁する会話術 例1
あなた「おつかれ~」
相手 「おつかれ~」
あなた「あれ?なんかうれしそうだねぇ。今から彼女とデート~♪って顔してるよ」← 気持ちを代弁
相手 「別に普通だよ。彼女いないの知ってるでしょ(笑)」

・気持ちを代弁する会話術 例2
あなた「さっきの会議眠そうだったな。寝てないのか?」
相手 「すいません、ついうとつとしてしまいました」
あなた「幸せそうな顔してたぞ。夢の中で女の子とデートしてたろ?」← 推測
相手 「いや、そんな夢は見てないです(焦)」
あなた「気をつけろよ」

・気持ちを代弁する会話術 例3
彼女「今度の休み、新しくできたアウトレット連れてって!」
彼氏「え?アウトレット!?」
彼女「あーっ!こいつと買い物行くと、すごく長引くから面倒なんだよな~って顔したでしょ?」← 気持ちを代弁
彼氏「してないしてない!(焦)連れてくよ(しぶしぶ)」

推測した気持ちが合っていれば、相手はドキッとするでしょう。間違っていても、反論してくるので、会話は広がります。


気持ちが合っていても間違っていても、相手にとっては思いがけない会話の流れです。高い確率で笑いが生まれます。気持ちを推測されると、相手は自分の 気持ちを話さざるを得ませんので、自然と心の距離は縮まり、いい人間関係を作る会話ができるのです。