雑談力のきいろわトップ > ボケる・ツッこむ会話術 > 雑談でツッこむ会話術 > ツっこんで笑いを取るまでの会話の流れ

ツっこんで笑いを取るまでの会話の流れ

ツッコミの会話の流れ

ツっこみを入れるまでのオーソドックスな会話の流れは、次のようになります。


  • 相手を指摘することで、会話を始める
  • 共感とオウム返しで、いい印象を持ってもらう
  • 笑顔でツっこむ

1.相手を指摘することで、会話を始める


先ほど紹介した4つの話し方「そのまま指摘する」「質問する」「褒める」「しかる」がコレにあたります。相手をよく観察し、理解する。そして、なにか気になる点があれば、それを会話のきっかけに雑談を開始します。


  • 「昼ごはん、お弁当じゃないんだ。珍しいね」
  • 「髪の毛の色変わったね。似合ってるよ」
  • 「うれしいそうな顔してるよ。なんかいいことあった?」

あなたが普段している会話の中で、相手を主役にした会話がツッコミを入れるのに一番適しています。そんな会話を意識してできると、雑談で、笑いを作ることが容易になります。相手のことをよく観察する習慣をつけてください。


2.共感とオウム返しで、いい印象を持ってもらう


繰り返しになりますが、笑うとは、心を開く行為です。話し相手に、悪い印象をもたれては、相手の心は開きません。笑わせにくくなります。


雑談でいい印象を持ってもらうには、共感と相槌は欠かせません。「話をきちんと聞いています」と相手に伝えるためにも、共感とオウム返しは忘れないよう にしましょう。


・共感と相槌を取り入れた会話例
相手 「今週末は高校の同窓会なんです」
あなた「同窓会なんだぁ」← オウム返し
相手 「もう10年ぶりに会うから、すごく楽しみなんです」
あなた「うわ~それは楽しみだね」← 共感の相槌

3.笑顔でツっこむ


雑談での、ツッコミは笑顔で行います。会話の内容にもよりますが、表情が違えば相手への伝わり方が違ってきます。次の会話のツッコミ部分の表情を想像してみてください。


・ツッコミの表情で伝わり方は違ってきます
相手 「どうしよう。私この仕事うまくやっていく自信ないな」
あなた「元気出して。私はあなたの味方だよ。困ったことがあったらなんでも言ってよ」
相手 「ありがとう。でも不安で不安で。悩みすぎて夜しか眠れないの」
あなた「殴っていい?」← このツッコミが真顔だったら

もし最後のツッコミを真顔で言ったら、相手はどう感じるでしょう?冗談でツっこんだつもりでも、真顔だったら、「ヤバい、怒らせてしまった(汗)」と相手は不安になると思います。


ツッコミが笑顔だと、冗談だと伝わります。会話例の場合だと、冗談を冗談で返したことになります。相手は、自分の冗談を受け入れてくれたことに、喜びを感じるでしょう。この人は自分と馬が合う、信頼できると、より強い人間関係を築けるはずです。どんな言葉でツッコミを入れるときも、相手に好意を伝える笑顔は忘れないでください。