雑談力のきいろわトップ > ボケる・ツッこむ会話術 > そのまま使うべきでない!?ド定番ボケ集 > デート、友人と遊ぶときに使われているド定番ボケ集

そのまま使うべきでない!?
デート、友人と遊ぶときに使われているド定番ボケ集

雑談で使い倒されてきたド定番なボケを紹介しています。そのまま使ってもウケる可能性は低そうですが、これらのボケを「必ず超えるべき基準」と心に定めることで、高いクオリティーのボケが作っていけるはずです。

くだらないから面白い!?
合コン、飲み会で使われているド定番ボケ集


・変な行動や小さなミスをツっこむ
「何月病だよ!」

五月病のパロディー。五月病は、新人社員や新入生など4月からの新しい環境に適応できないことに起因する精神不安定な状態を表します。このツッコミは環境に適していないボケやミスに対して、何月でも使われます。


・カラオケボックスで電話注文するときのボケる
「(めちゃくちゃ丁寧に)お忙しいところ大変恐縮なのですが・・・」

「(めちゃくちゃ丁寧に)夜分遅くに恐れ入ります」(夜遅く)

カラオケボックスの個室やラブホテルの室内からフロントに電話する場合に使われるボケ。コツは電話する前のハイテンション→電話での丁寧ぶりのギャップを意識することです。落差が大きいほど、面白くなります。店員さんに対しては、ふざけた印象を与えないようにするのもコツです。テンションの落差でウケを狙っているのが店員さんに分かると、悪い印象を与えてしまう場合があります。


・おいしいものを食べたらボケる
あなた「うまい!こんなラーメン食べたの生まれて二回目だよ!!」
相手 「初めてじゃないのかよ!」
あなた「あ、間違えた。生まれて3回目だ!!」

普通なら「生まれて始めた食べた」というところを、あえて2回目と言うボケ。同じようなボケに、恋人に「私のこと好き?」と問われたら「ああ、2番目に愛してる!」とボケて嫉妬させるものも。そのあと、「うそ、1番に決まってるだろ!」といってぎゅーっと抱きしめて二人の世界を楽しむのもいいのでは。


・知り合いをご飯に誘ったときにボケる
「(お店の人に)久しぶり、また来たよ!」
「(連れに)ごめんね、こんな店で」

「(お店の人に)久しぶり、また来たよ!」
「(連れに)ココしか予約取れなかったんだ」

あえてお店の人の前でお店を下げるセリフを言うボケ。お店の人と仲のいい感じも出せるので、社交性や付き合いの広さもアピールできます。


・好きな人をご飯に誘ったときにボケる
「オシャレな店じゃなくてごめんね。ここ俺の行きつけなんだ。ここのママに『大切な人ができたら連れておいで』って言われててさ」

遠まわしに相手に好意を伝えています。たとえ嘘であっても言われた本人は嬉しいもの。ポイントは「オシャレな店じゃなくてごめん」とお店を下げるところです。「どうだこの店!」と言ってしまうと、その後の言葉が押し付けがましくなってすんなり聞いてもらない可能性も出てきます。


・デートで相手を褒めてる
あなた「あれ、なんだろ前が見えづらくなってきた」
相手 「どうしたの、大丈夫?」
あなた「君がまぶし過ぎるよ!」

演技力がものを言う定番ボケ。散々言い尽くされてきたフレーズなので、目を細めたりこすったりして、アクションでウケを狙うのがコツ。


・デートが楽しいねと言われたときにボケる
相手 「今日は楽しいね!」
あなた「このデートコース、昨日徹夜して考えたんだ!」

相手 「今日のデートコースいいね!」
あなた「いやー、3回も下見した甲斐があったよ!」

「あなたを楽しませるために努力したんだ」というアピールボケ。注意点は、自分から言わないこと。あくまで相手から「いいね!」と言われた場合のみ使うフレーズです。自分から言ってしまうと、押し付けがましくなり印象が悪くなるでしょう。さりげない人がモテます。


・デートを盛り上げる雑談フレーズ
「今日はホント楽しいな~、こんなに楽しいの生まれて3回目だよ」

「こんなに楽しいの今年初めてだよ。うん、一週間ぶり」

「楽しい」という気持ちを伝えつつボケたもの。「3回目か~あとの2回は?」「一週間前にも楽しかったんじゃん」などとツっこみたくなるポイントをつくることで、その後の会話も弾みます。


・デートの分かれ際にボケる
あなた「うー」
相手 「どうしたの?」
あなた「今日、熱が40度もあったの思い出した・・・」

体調が悪かったけど「楽しすぎてデート中は気にならなかった」とアピールするボケ。コツは相手から「どうしたの?」と訊ねられた後に答えること。一方的に「40度もあって」と言えば、おしつけがましく感じる人もいます。