雑談力のきいろわトップ > ボケる・ツッこむ会話術 > キャラクターを演じて笑わす会話術 > .大げさに低姿勢なキャラで笑いを取る

大げさに低姿勢なキャラで笑いを取る

.大げさに低姿勢なキャラで笑わせる会話術

会話の空気を変えるには、言葉のチョイスやタイミングのセンスが大事になります。絶妙のタイミングで予想外の言葉、うまいたとえ、しぐさを表現できれば思い通りに笑わせることができるでしょう。


センスは経験を積むことで磨き上げていけますが、意識的に気持ちを切り替えることでも向上できます。この項で紹介する笑わせるテクニックでは、キャラクターを演じてウケを狙います。素の状態の自分から、さまざまなキャラクターに変身することで笑いを引き起こすのです。


場の空気を作り出すテクニックともいえるでしょう。


■大げさに低姿勢なキャラで笑いを取る


普段普通に接してる相手に対して、会話の流れに応じて、過度な下手に出て笑いを取ります。普通→低姿勢のギャップをいかに大げさに演じられるかがポイントです。


普通レベルの低姿勢では、笑いは取れません。「慕われてるな」「大事に扱われているな」程度の下手では、ただのご機嫌取りです。相手に悪い気は与えないでしょうが、「楽しい奴だな」とは思われません。普通の人どまりです。


キャラを演じるときは、分かりやすく大胆を心がけます。普通の低姿勢の10倍強調するつもりで、演じましょう。極端な感じが笑いを起こします。


・大げさに低姿勢なキャラで笑いを取る1
相手 「今日は俺がおごってやるよ」
あなた「ありがとうございます、肩でもお揉みします!!」

・大げさに低姿勢なキャラで笑いを取る2
部長 「きれいな字書くなぁ」
あなた「ありがとうございます、部長に気に入られたい一心で書きました」

・大げさに低姿勢なキャラで笑いを取る3
相手 「どうぞ(相手先でお茶を出された)」
(飲んで)
あなた「ホントうまいですね、茶室でもあるんですか?」

・大げさに低姿勢なキャラで笑いを取る4
相手 「よろしく(手を出され握手を求められた)」
あなた「いや、すいません。ベタベタしてるかもしれないんで(手のひらを服でこすり綺麗にするしぐさ)」
(そして握手)
あなた「もう一生洗えないです」

・大げさに低姿勢なキャラで笑いを取る5
(目上の人にポンと肩を叩かれたとき)
あなた「この感触、一生忘れません」

・大げさに低姿勢なキャラで笑いを取る6
(上司に叱られたとき)
あなた「この痛み、一生忘れません」