雑談力のきいろわトップ > ボケる・ツッこむ会話術 > 言動の前後にギャップをつけて笑わす会話術 > 話題を第三者にいきなりふって笑いを取る

話題を第三者にいきなりふって笑いを取る

話題を第三者にいきなりふって笑わせる会話術

話をいきなり第三者にふることで、相手の予想を裏切るボケです。たとえば、二人きりで話しているときに、なにか言いふらしたい話題が出たら、近くの人に「○○なんだって!」と声をかけます。相手を説得するような場面なら、第三者の人に突然「そう思うよね?」と同意を求めます。


もちろん第三者といっても赤の他人ではありません。会話に参加してなかったけど、その場に居合わせた共通の知人などです。いきなり話をふられた人も突然のことで対処できないでしょうが、その反応さえも笑いの要素になります。


コツは、話し相手を変えたことが、目の前に相手に伝わるように、声のボリュームを変えることです。


・話題を第三者にいきなりふって笑いを取る1
あなた「俺って自分で言うのも何なんだけど、結構先輩にかわいがられるほうなんだね」
相手 「そうなの?」
あなた「そうなんだ。ねぇ、先輩!(近くにいた先輩に話をふる)」

・話題を第三者にいきなりふって笑いを取る2
相手 「昨日酔っ払いに絡まれてる女性を助けたんだよ」
あなた「(相手の手を持ち上げて)みなさん、ヒーロー誕生ですよ!!」

・話題を第三者にいきなりふって笑いを取る3
あなた「俺、部長がどうも苦手なんだよ。無表情だろ、何考えてるかわかんないから、顔色うかがおうにも読めないんだよ」
相手 「そうそう、わかる」
あなた「山下もそう思うよな(たまたま通りかかった)」
山下 「へ?」

・話題を第三者にいきなりふって笑いを取る4
相手 「星座は?」
あなた「星占いか、おうし座だよ」
相手 「おうし座は『運気は今年最低の一週間。外出はできるだけ避けたほうが無難』だってよ」
あなた「え~!(誰もいない方向に向かって)どうすればいいんだよ!明日から初めての海外旅行なんだぞー!!」