雑談力のきいろわトップ > ボケる・ツッこむ会話術 > 言動の前後にギャップをつけて笑わす会話術 > 先に言い訳を伝えて、ホンネとのギャップで笑いを取る

先に言い訳を伝えて、ホンネとのギャップで笑いを取る

先に言い訳を伝えて、ホンネとのギャップで笑わせる会話術

笑わせるテクニックを持っている人は、たった一言 口を開いただけで、場の空気を一変させることができます。張り詰めた緊張の場面であっても、しんどくてつらい場面であっても、気の利いた一言を放って、笑いを引き起こします。


この項で紹介するのは、普通の会話の前後を工夫することでウケを狙うテクニックです。会話の流れに落差を作ることで、笑いを起こすために必要な「緊張の緩和」を生み出します。


うまく相手の期待を裏切って、緊張の糸をプツリと切ってみてください。


■先に言い訳を伝えて、ホンネとのギャップで笑いを取る


人は他人から責められたとき、自分の行為を正当化するため、言い訳をします。誰だってミスを犯しますが、それを反論せず認めれば、自分の立場が危うくなるからです。何でもかんでも言い訳するのは、尊敬できることではありませんが、自分の意見が正しいのなら、泣き寝入りせずに主張するべきです。


ところで、どんなに言い訳が正当なものであっても、相手を上手に説得できる可能性は半々くらいのようです。正しい主張をしたとしても、それが通用しないことは多々あるのです。人の心は理屈では説き伏せられないということでしょう。


いい人間関係を築きたいなら、言い訳を正当化に使うだけでなく、笑いを生むための仕掛けとして利用してみましょう。そのほうが、もっと上手に多くの人と付き合えるでしょう。


・先に言い訳を伝えて、ホンネとのギャップで笑いを取る1
あなた「もしオレが急に黙りこくったら困るよね?」
相手 「え、そうかもね」
あなた「・・・」
相手 「おーい」
あなた「・・・・・・」
相手 「何かしゃべれよ!」

・先に言い訳を伝えて、ホンネとのギャップで笑いを取る2
相手 「この問題暗算で解ける?」
あなた「当たり前だろ、こんなレベルの問題できなかったらヤバイって」
相手 「・・・・」
あなた「・・・・電卓使っていい?」

・先に言い訳を伝えて、ホンネとのギャップで笑いを取る3
(友人同士の会話)
あなた「誤解しないで聞いて欲しいんだけど・・・」
相手 「何?」
あなた「キスしていい?」

・先に言い訳を伝えて、ホンネとのギャップで笑いを取る4
(喫茶店にて)
あなた「夏はやっぱりアイスコーヒーだよね」
相手 「だね!」
(オーダーを取りに来た店員に向かって)
あなた「ホットココア!」