雑談力のきいろわトップ > ボケる・ツッこむ会話術 > 空気を読んで笑わす会話術(中級編) > 雰囲気の悪さを共感させて笑いを取る

雰囲気の悪さを共感させて笑いを取る

俯瞰して自分たちにツっこんで笑わせる会話術

気まずい雰囲気になることがあります。親と一緒に見ているテレビでキスシーンが流れたときや、友達の友達と二人きりにされたときなどです。


こんなときの場の空気はなんとも耐えがたいモノになります。ある人はその場から立ち去るでしょうし、ある人は会話で何とか取り繕うとするでしょう。どうせ会話するなら、笑いを取ってはどうでしょう。気まずい雰囲気は絶好の笑わせポイントです。


あなたが共感するセリフを言えば、相手は心を許して笑顔になります。互いの共通点である、雰囲気の悪さを笑いにすれば、それだけで笑いが作り出せるのです。


・雰囲気の悪さを共感させて笑いを取る1
(エレベーターで顔見知り程度の人と二人きりになったとき)
あなた「なんか気まずくないです?」
相手 「はは、そうですね(笑)」

・雰囲気の悪さを共感させて笑いを取る2
あなた「ふふ~ん♪ふんふんふ~ん♪♪(誰もいないと思って鼻歌を歌っている)」
相手 「おーい、今なんか歌ってたよね?」
(気まずい雰囲気発生)
あなた「頼む、誰にも言わないでくれ!」

・雰囲気の悪さを共感させて笑いを取る3
(パーティーで声をかけたが話が盛り上がらない)
あなた「ああ、なんかすいません。こっちから声かけたのに、話し盛り上げられなくって。今日は調子悪いみたいです。寝不足かなぁ~」
相手 「大丈夫ですよ(笑)」

・雰囲気の悪さを共感させて笑いを取る4
(残り一個のから揚げを同時に取ろうとしたとき)
あなた「あ、どうぞどうぞ」
相手 「いえいえ、そちらこそどうぞ」
あなた「気が合いますね。半分個しましょうか(笑顔)」

・雰囲気の悪さを共感させて笑いを取る5
(駅のホームで別れのとき)
あなた「何でオレだけノケ者なんだよ!」
相手 「うん、落ち着いたら連絡するねー」
二人 「バイバーイ!!」
二人 「・・・・・・(いっこうに発車しない新幹線)」
あなた「早く行けー!!」