雑談力のきいろわトップ > ボケる・ツッこむ会話術 > 空気を読んで笑わす会話術(中級編) > 俯瞰して自分たちにツっこんで笑いを取る

俯瞰して自分たちにツっこんで笑いを取る

俯瞰して自分たちにツっこんで笑わせる会話術

「俯瞰(ふかん)」とは、物事を高い所から見下ろすことです。つまり、大空を飛ぶ鳥たちの目線になるのです。高い所から見下ろすと、視界が広がり全体像を把握することができます。


たとえばあなたが仕事でつらい状況に立たされたとします。家に帰っても気持ちの切り替えができずに悩まされるようなら、どうすればいいでしょうか?そんなとき自分を俯瞰するのです。自分自身を第三者の視点でとらえることで「ちっぽけなことで悩んでたな」と気づくことはよくあります。


多くの人は自身を客観的に見ることをあまりしません。その結果、他人から見たら、バカげているようなことも、そうと気づけずに真面目に向き合ったりします。その姿は傍から見たら滑稽でもあります。視線を変えれば、面白く見えることが世の中たくさんあるのです。


俯瞰することで見落としている情報、イメージ、考え方を知ることができます。だから、自分たちが会話している風景、置かれている状況を俯瞰してみてください。ツっこめるポイントがいくつも見つかるでしょう。「俺たち○○だよな」と楽しい会話をしてみてください。


・俯瞰して自分たちにツっこんで笑いを取る1
(好きな食べ物を聞かれて)
あなた「好きな食べ物はカレーとハンバーグです。いや、子供じゃないですよ!」

・俯瞰して自分たちにツっこんで笑いを取る2
相手 「あれ、コンタクトに変えたんだ」
あなた「眼鏡かけてると、俺ってあまりにも知的に見えちゃうでしょう。正直そんなに賢くないし、損かなと」

・俯瞰して自分たちにツっこんで笑いを取る3
(偶然同じような服を着てきた二人)
あなた「私たち双子に見られちゃわない?」
相手 「それはイヤ!」

・俯瞰して自分たちにツっこんで笑いを取る4
(焼き肉屋に来た男女の友達)
「俺たち絶対いい感じのカップルに見られてるよー!」
「私、好きな人いるから」
「えー!(悲)」

・俯瞰して自分たちにツっこんで笑いを取る5
(一発ギャグをどんずべり、空気が凍てついたら)
あなた「何でオレだけノケ者なんだよ!」