雑談力のきいろわトップ > ボケる・ツッこむ会話術 > 空気を読んで笑わす会話術(中級編) > 自分のかっこ悪い部分を告白して笑いを取る

自分のかっこ悪い部分を告白して笑いを取る

かっこ悪い部分をさらけ出して笑わせる会話術

ここからは、紹介する会話術のレベルがほんの少しだけ上がります。ただ極端に難しくなるわけではないので、人によっては紹介済みの会話術より実行しやすいでしょう。


最低限必要なスキルは「空気を読むこと」です。これまでの会話術は空気を読むことで、笑わすタイミングを計っていますが、ここ以降は「空気読み」がさらに重要になります。空気を読めないままに実行すると、人がドンドン離れていくかもしれません。たいていの人は、ボケたりツっこむ前にNGな空気は感じ取れるのであまり心配はないでしょうが、それほど「空気読み」が大事だということです。


■1.自分のかっこ悪い部分を告白して笑いを取る


自分の恥ずかしいエピソードやかっこ悪い部分、コンプレックスは本来あまり話したくないものです。バカにされて笑われる恐れがありますから。


「笑われる」のではなく「笑わせたい」と思っている方が断然多いと思います。笑われてしまえば、見下されている、軽く見られてる感じにもなり、プライドも傷つくでしょう。


かっこ悪い部分をさらけ出して「笑われる」か「笑わせる」かのどちらに傾くかは言い方が重要になります。自信なさげにイジけて言えば笑われます。その人の卑屈な態度を馬鹿にするからです。逆に堂々と胸を張って言えば「笑われない空気」が作れます。ばかばかしいエピソードに相手は心を許して、笑ってくれるでしょう。


毅然とした態度でかっこいい部分をさらけ出してください。相手の警戒心を解くと共に、あなたの気持ちも楽になります。



・悪い部分を告白して笑いをとる1
相手 「大人っぽい顔してるよね」
あなた「そうなんだよ、意外と大人ななんだよ。最近物忘れがひどくって」

・悪い部分を告白して笑いをとる2
相手 「最近ボーっとしてない?」
あなた「やっぱ分かるんだ。こないだもボーっとしながらジュース飲んでたらストローが鼻の中にプスリと・・・」

・悪い部分を告白して笑いをとる3
相手 「きれいな満月だね」
あなた「ああ、知ってる?月と太陽は違うものなんだよ。二十歳ごろまでずっと同じものだと思ってた」

・悪い部分を告白して笑いをとる4
相手 「普段の私服ってそんなのなんだ」
あなた「君の会うから少しオシャレして来たんだよ。さっき鏡見たら、Mサイズのシール付いたままだった。君に直接見られずに助かったよ!」

・悪い部分を告白して笑いをとる5
相手 「ご飯どこで食べる?」
あなた「ブーツを脱がない所ならどこでも。靴下に穴が開いているのでご配慮を!」

・悪い部分を告白して笑いをとる6
相手 「首筋にキスマークついてない?」
あなた「ヘアアイロンのやけどの跡です・・・」