雑談力のきいろわトップ > ボケる・ツッこむ会話術 > 雑談でボケる会話術 > 他人がボケたときの立ち振る舞い、すべった人をフォローする方法

他人がボケたときの立ち振る舞い、すべった人をフォローする方法

他人がボケたときの上手な振舞い方

会話中、相手がボケてきた時、どう振舞うのがいいのか?、よりよい人間関係を築くための、他人のボケに対する、立ち振る舞いを考えて見ましょう。


1.他人のボケが、面白いと感じた場合の立ち振る舞い


次の話し方例は、ボケた内容が、素直に面白いと感じた場合です。


相手 「・・・で結局、俺一人だけ置いてきぼりだよ」← オチ
あなた「はははっ(笑)じゃあ、ご飯も一人で食べたってこと?」
相手 「そうなんだよ。もう味気ないのなんのって」
あなた「はははっ(笑)それは散々な日曜日だったね。仕事してたほうがよかったでしょ」

相手に気持ちいい雑談をしてもらうには、相手の話に共感してあげることです。共感してあげれば、「この人は私の気持ちを分かってくれる人」だと、どんどん話をしたくなります。


相手が面白い話をしてきて、あなたも素直に面白いと感じたら、素直に笑ってあげましょう。笑うことが共感です。また、話を盛り上げるには、質問することも大事です。話のその後の展開や、そのときの気持ちを上手に語らせてあげましょう。


相手が面白くボケたときは、共感と質問で会話を弾ませてみてください。


2.他人のボケが、つまらなかった場合の立ち振る舞い


ボケた内容がつまらない場合、「サムっ!」とあなたがツっこむことで笑いを作ることもできます。しかし、こんなツッコミができるのは、結構親しい間柄になってからでしょう。上司や目上の人には、できません。


あなたと相手の二人だけであれば、あなたが気を利かせて笑ってあげれば、相手は好感を持ってくれるでしょう。


しかし、大人数での会話で、一人の人がボケた。しかしその内容がつまらなかった場合、あなただけが笑ってあげても、あなたの笑い声はむなしく響きます。みんなはサム~い空気。笑ったあなたまで、サムい目で見られるかもしれません。


これを回避するためには、すべった相手ではなく、しらけている周りの人にツっこみを入れて、笑いを作ります。


・しらけている周りの人にツっこむ会話例
相手 「・・・で結局、俺一人だけ置いてきぼりだよ」← オチ
あなた「はははっ(笑)」
その他大勢「(し~ん)」
あなた「ははっ、俺しか笑ってないジャンか!」← 周りの連中にツっこむ
その他大勢「はははっ(笑)」← そのツっこみが笑いの空気に変える

ツっこむときは、あなたの笑い声の延長で、笑いながらツッこんでください。笑いながらツッこむことで、あなたの笑いは周りのみんなに伝染します。結果的に、面白い話が成立します。


もうひとつ、相手の話がすべったとき、サム~い空気を回避する会話術です。


サム~い空気は、オチの後、「みんなが言葉を失った」沈黙の中で生まれます。寒い空気ができる隙を作らずに、あなたが話を進めてください。


よく使える話の進め方は、すべった人を絶賛し、オウム返しする方法。何に絶賛するのかなんて深くは考えずに、「すごいっ!」と絶賛すれば、サム~い空気になりません。


・すべった人を絶賛する会話例
相手 「・・・で結局、俺一人だけ置いてきぼりだよ」← オチ
その他大勢「(し~ん)」
あなた「すごいっ!結局置いてきぼりですか。それはすごいですね」
相手 「そうか?」
あなた「僕だったら耐えられないですよ」
相手 「そりゃそうだろ、俺だって辛かったさ~(笑)」

相手の話のオチの部分で、笑いが生まれなかった場合、無理して笑いとる必要はありません。話し手自身は、笑いを起こして注目を浴びたいはずですが、笑いの代わりに、「すごいっ!」とヨイショして、違う注目を浴びせてあげましょう。結局話し手自身は気持ちよくなりますので、満足。周りの聞き手も、すべった話が合ったことさえ気付きません。先輩や上司などの目上の人がすべったときに重宝する会話術です。