雑談力のきいろわトップ > ボケる・ツッこむ会話術 > 雑談でボケる会話術 > 一旦否定した後、共感してボケる(勝手に話を進めるボケ4)

一旦否定した後、共感してボケる(勝手に話を進めるボケ4)

一旦否定した後、共感してボケる

一旦否定して、その後の共感で笑わせる

会話の中で、相手が何か意見を言ってきたら、一旦否定します。その後、確認の作業をして大きく共感の言葉を発することで笑いが生まれます。テレビのお笑い芸人さんがよくやるので、見たことある人も多いと思います。


・一旦否定した後、共感するボケ会話術 例1
相手 「このドーナッツすっごいおいしいよ。食べてみて」
あなた「すごいって、ドーナツなんてどれも一緒だよ~。私こういったお菓子にはうるさいんだから」← 否定
(そして、一口食べる)
あなた「うまっ!何コレ!!」← 共感

・一旦否定した後、共感するボケ会話術 例2
相手 「ほっぺにご飯粒ついてるよ」
あなた「そんな馬鹿な。俺がご飯粒つけるような、食べ方するわけないじゃん。騙すんなら、もっとうまい嘘つかなきゃ」
(鏡で顔を確認して)
あなた「うわ!マジだ!!はずかし!!」

・一旦否定した後、共感するボケ会話術 例3
相手 「先週子犬が産まれたんだよ。天使みたいに超かわいいの」
あなた「可愛いかもしれないけど、天使はちょっと言いすぎだよ」
相手 「見て(ケータイの写真を見せてもらう)」
あなた「うわっかわい過ぎ!ペロペロされたい!!」

この会話術のポイントは、最初の否定と、その後の共感のギャップを大きくすることです。大胆に否定し、大げさに共感すればするほど、大きな笑いが取れるようになります。


どんな会話にも取り入れやすく、いろいろな場面で重宝する会話術です。