雑談力のきいろわトップ > ボケる・ツッこむ会話術 > 雑談でボケる会話術 > 言葉のチョイスでボケる(ボケのパターン2)

言葉のチョイスでボケる(ボケのパターン2)

自分自身のキャラを生かしてボケよう

普通の雑談で使う会話を少しひねって、面白おかしく表現できれば、それがボケになります。大笑いを起こす必要はありません。日常の会話の中で、「クスッ」とした小さな笑いを起こさせると、相手は安心感を覚えます。仕事で堅い話をしているときでも、少しそんな会話ができれば、場も和み、いい人間関係が築けます。


言葉のチョイスでボケるパターンは、いくつかありますので順に説明します。


誰もが知っているフレーズを引用してボケる


テレビやマンガには、誰もが知っている数々の名セリフや決めゼリフ、耳に残るフレーズが存在します。そんなフレーズを会話の中で、そのまま、もしくは適当にアレンジして使うと会話に笑いをもたらすことができます。


・有名フレーズを引用したボケ会話術 例1
あなた「お疲れ~。今日、美容院予約してるから先帰るね」
相手 「そっか、お疲れ。また明日ね」
あなた「バイバイキ~ン」← ボケ
(アニメ「アンパンマン」のバイキンマンのセリフより)

・有名フレーズを引用したボケ会話術 例2
あなた「約束6時だって言ったじゃん、30分も遅刻だぞ」
相手 「ごめん、支度するのに手こずっちゃって」
あなた「このバカチンが~」← ボケ
(ドラマ「3年B組金八先生」より金八先生のセリフより)

セリフの中に、人名が出てくる場合は、知っている人の名前に置き換えたほうが、使い勝手がいいでしょう。


・有名フレーズを引用したボケ会話術 例3
相手 「また取引先の人に呼び出されたんだってなー」
あなた「納品したコピー機が動かないって。あの人使い方わかんないだけなんですよ」
相手 「じゃあ、また使い方教えて行くんだ」
あなた「これで5回目だよ。安藤~、僕もう疲れたよ・・・」← ボケ
(アニメ「フランダースの犬」よりネロのセリフ「パトラッシュ、僕もう疲れたよ。なんだかとても眠いんだ」)

・有名フレーズを引用したボケ会話術 例4
相手 「こないだの残業代わってくれてありがとな」
あなた「おう」
相手 「なんかひとつだけ言うこと聞いてやるよ」
あなた「岩本先生・・・、コンパがしたいです」← ボケ
(マンガ「スラムダンク」より三井寿のセリフ「安西先生・・・、バスケがしたいです」)

映画やドラマ、アニメにはたくさんの耳に残るフレーズがあります。思いつくままにザッと紹介します。


「アムロ、行きまーーす!」「殴ったね! オヤジにもぶたれたことないのに!」「坊やだからさ」
(アニメ「機動戦士ガンダム」より)

「ハーイ!」「バブー!」「チャーン!」「磯野野球しようぜー」「んがぐぐ」
(アニメ「サザエさん」より)

「お前はもう死んでいる」「我が生涯に一片の悔いなし!」「ひでぶ」「あべし」
(アニメ「北斗の拳」より)

「月に代わっておしおきよ」
(アニメ「美少女戦士セーラームーン」より)

「んちゃ」「ばいちゃ」「ほよよ」「うほほーい」「キーン!!」
(アニメ「Dr.スランプ」より)

「お前のものはおれのもの、俺のものも俺のもの」「のび太のくせに生意気だ!」「心の友よ!」「のび太さんのエッチ!」
(アニメ「ドラえもん」より)

「僕は死にましぇん」
(ドラマ「101 回目のプロポーズ」より)

「じっちゃんの名にかけて!」「謎は全て解けた」
(マンガ「金田一少年の事件簿」より)

「同情するなら金をくれ!」
」(ドラマ「家なき子」より)

「上杉達也は世界中の誰よりも朝倉南を愛しています」
(アニメ「タッチ」より)

「あんちゃん」「そこに愛はあるのかい?」
」(ドラマ「一つ屋根の下」より)

「カンチ、セックスしよっ!」
(ドラマ「東京ラブストーリー」より)

「あ~ばよぉ~とっつあ~ん」「ふ~じこちゃ~ん」「また、つまらぬモノを斬ってしまった」
(アニメ「ルパン三世」より)

「だてにあの世は見てねえぜ!」
(アニメ「幽遊白書」より)

「見た目は子供、頭脳は大人、その名は名探偵コナン」「真実はいつも1つ」「江戸川コナン、探偵さ」
(アニメ「名探偵コナン」より)

「いけずぅ~」
(アニメ「ちびまる子ちゃん」より)

「実に面白い」
(ドラマ「ガリレオ」より)

「屁のツッパリはいらんですよ」このセリフに対して、「言葉の意味はよくわからんが、とにかくすごい自信だ」
(アニメ「キン肉マン」より)

「オラオラオラオラ」「やれやれだぜ」「てめぇは俺を怒らせた」
(マンガ「ジョジョの奇妙な冒険」より)

「左手は添えるだけ」「あきらめたらここで試合終了だよ」「天才ですから」「フンフンフンフンフンフンフン・・・」
(マンガ「スラムダンク」より)

「へこ~」
(マンガ「パーマン」より)

いちにぃいサンガリア、にぃいにぃいサンガリア♪
(サンガリアCM ソング)

隅々まで効く~バルサン♪
(バルサンCM ソング)

ミッネラール麦茶♪
(ミネラル麦茶CM ソング)

この会話術は、相手がそのフレーズ自体を知らなければ通用しません。いくら有名なフレーズでも、年代によっては、まったく知らない事も考えられます。「キョトン」とした顔をされるか、「なんですか、それは?」と質問されるだけで、会話は盛り上がらないでしょう。使う相手には、注意が必要です。


この会話術を使うときのポイントは、7~8割くらいの力でモノマネをすることです。会話の流れを崩さない程度に気持ちを込めます。モノマネは似ていなくても大丈夫です。似ていないけど、なにかのモノマネをしているようだ、と相手に伝わればいいのです。聞いたことのあるフレーズなら、理解してもらえるでしょう。