雑談力のきいろわトップ > ボケる・ツッこむ会話術 > 雑談でボケる会話術 > 雑談でボケて笑いを取るために

雑談でボケて笑いを取るために

■雑談でボケて笑いを取る話し方

雑談でボケて笑いを取る話し方

ここからは、雑談で上手にボケる会話術を紹介します。


雑談しているときに、お笑いで言うボケができれば、相手はついツっこみたくなります。ボケとは、わざと間違ったり、おかしな言動をしたりすることです。


本人自身がおかしなことに気付いていない“天然ボケ”という言葉もあります。天然ボケは、可愛がられることはありますが、尊敬はされません。ここで紹介する会話術は、あなたが意識的にボケる方法「計算ボケ」のやり方です。


意識的にボケることができれば、あなたは尊敬されます。周りの人間は、黙って入られません。みんながあなたのことを好きになります。面白くて頭のいい人だという評価もされます。よりよい人間関係が築けるようになるでしょう。


■雑談でボケて笑いを取る話し方


雑談でボケるには、次の2つのことをする必要があります。


  • 常識的なものの見方をする
  • その上で常識とは違う、独創的な言動をする

1.常識的なものの見方をする


雑談でツっこむときのルールと一緒ですが、何が正しくて、何が間違っているのかが分かっていなければ、面白いボケはできません。常識を身につけて、何がおかしいのか理解する。そのうえで、ボケを実行します。


2.常識とは違う、独創的な言動をする


ボケるには、常識を理解しつつ、それをどのように変化させれば、相手がおかしいと思い、口を挟みたくなるかを考える必要があります。


行動を大げさにしてみたり、あえて逆のことをしてみたり、相手の気を引く言動をすれば、相手は黙っていられません。


■ツっこんでもらうため、自分を知ってもらう


あなたがボケれば、相手はツっこみたくなります。でも実際に気軽にツっこんでもらうには、あなたがツっこんでも安全な人であると認知させる必要があります。


ツっこむとは、自分から心を開いて、相手との心の距離を縮める行為です。なにか得体の知れない人にツっこむことは、勇気のある人にしかできません。


「この人はツっこんでも安心な人」と思ってもらうには、あなたのキャラを知ってもらう必要があります。


あなたのキャラとは、かっこいいや可愛いといった見た目のキャラだけではありません。性格や趣味など内面的な特徴など、あなたを作り上げる要素をたくさん開示するほど、あなたのキャラは鮮明になります。いい要素だけでなく、悪い要素もすべてあなたのキャラになります。


周りからたくさんツっこんでもらいたいなら、あなた自身の情報を、できるだけオープンにする心がけが必要です。