雑談力のきいろわトップ > 会話が苦手な人が、誰とでも二往復以上雑談する方法 > 会話が苦手な人が、誰とでも二往復以上雑談する方法 - はじめに > 会話が苦手な人が、誰とでも二往復以上雑談する方法 - はじめに


このコーナー(会話が苦手な人が、誰とでも二往復以上雑談する方法)では、”超”初心者向けに雑談トレーニングの方法をお伝えしております。二言三言の雑談もままならない、極度の会話べたの方を対象としたものです。一般的な雑談に問題ない方には物足りない内容となっております。ご了承ください。
雑談力のきいろわトップページへ

会話が苦手な人が、誰とでも二往復以上雑談する方法 - はじめに

誰とでも二往復以上雑談する方法

人にためらい無く話しかけられる人がいる一方、話しかける勇気が出ず、黙ってやり過ごす人もいます。ひとつの雑談は些細な出来事ですが、積み重なると大きな差ができます。新しい人間関係を築くには、まず言葉と言葉を交わすことです。


意中の人を振り向かすこと。
まだ見ぬ恋人と出会うこと。
かけがえの無い友人を見つけること。
仕事での人間関係を円滑にすること。


私たちは普段の生活の中に、他人とかかわる機会がいくつもあります。誰にでもある、人とかかわる機会。会話をすることが無くても、滞りなく生活できているかもしれません。しかし、他愛も無い雑談ができたら、もっと周りの人たちと親しくなれます。


人と会話をすることは、楽しいことです。人生が潤います。話しかけることを避けていると、人生の潤いが少なくなります。非常にもったいないことです。


あなたは上手に話しかけられていますか?もし雑談が苦手で、話しかけるのが苦手というのなら、「雑談力のきいろわ」提案です。会話の苦手を克服する最初の一歩として、こちらから話しかけて「二往復以上の言葉のやり取り」を目指してみてください。


この項では、雑談が苦手の長初心者が誰とでも二往復以上雑談するための方法を提案しています。こちらから話しかける時の声のかけ方や、その後の受け答えの方法を詳細に解説しています。明日からすぐに実行できるよう、具体的な話題や返事の返し方、話し方の例も豊富に載せました。


この項に書いてある会話例を学び実行すれば、徐々に会話下手から雑談上手な人になっていくでしょう。まず一通り読んでください。そして勇気を持って実践してください。必要以上に怖がらず、めんどくさがらず、楽しく話せる社交的な人間を目指してください。